自然な感じに毛が薄い人になったので結果的に【ケノン】にして良かったです。

管理人は、「全身つるつるに」するために「ケノン」を使い始めましたが、ちょうどいい感じの薄毛になった時点で使うのをやめました。

始めから毛の薄い人みたいになれたので満足したからです。

 

ケノンは、

つるつるを目指す人のための高級脱毛器

というイメージですが、

広範囲に照射できるので、

自然な感じで毛の薄い人になりたい

という人にもピッタリ。

大は小を兼ねる高級脱毛器だと思います。

ケノンは高いけどバランスの良い脱毛器

ムダ毛処理もイロイロ。

管理人が今までに体験した方法とケノンを比べてみます。

 

レーザー脱毛より痛くない

ワキとひざ下をレーザー脱毛に通っていたことがあります。

とにかく痛いしまぶしい。でも効果は半永久。

ひざ下は中途半端に通わなくなってしまい、まだらな毛の人になってしまいましたが、ワキは通い終えました。時々生えてきますが、数本なので、毛抜きでもカミソリでも対応可能。料金が高いです。

 

ケノンはフラッシュ(光)脱毛。

レーザーくらいまぶしいですが、痛みはレーザーよりはるかにマシ。

慣れるまでは使用するのが怖くてビクビクしますが、慣れれば平気。

合計10回使用したら全体的に毛の濃さが半分くらい薄くなったように感じます。

 

ちなみに、両腕とひざ下、ひざ上、指毛、IVOを処理しましたが、手の指毛は5回くらいで処理が不要なくらい薄くなりました。薄くなっただけでまだ生えてきます。

IVOは薄くなったような気もしますが、剛毛の為まだまだ処理が必要なようです。その点は脱毛器を買ってあるので今後も使用できます。

家庭用脱毛器のいい所は、人に見られず密かに処理できるところと、強さを調節できるところ。そして照射回数分は何度でも使えるという点ですよね。ちゃんと使えば安く済む可能性が大きいです。
(外に光が漏れた場合、化学実験でもしているか、何か撮影でもしているのか、というレベルにまぶしいです)

エステのフラッシュ脱毛も人気ですね。レーザーよりは安いですし。

ワックス脱毛や電動脱毛器より勇気が要らない

ワックス脱毛(長い目で見ると高額・一時ツルツル)は、肌にワックスを塗ってワックスペーパーを貼り付け、バリっと一息に剥がして方法ですが、なぜか毛抜きや電動毛抜きより痛みは少ないです。例えるなら、布製のガムテープを産毛の部分に貼って、バリっと剥がす感じです。ただ、管理人だけかもしれませんが、テンション高めの時に一気にすれば全然大丈夫なのですが、気分が乗らない時は使用しようという気になれません。そろそろ剥がず時になって途中でやめる事が出来ないので、覚悟が必要です。

電動毛抜きは、電動で複数の毛をキャッチして抜いて行くので、キャッチした毛の中に方向が違う毛が有ると、その毛だけかなり痛いです。

管理人は、電動毛抜きに時々起こる制御不能な痛みの不意打ちが苦手で、一番勇気がいる脱毛器かもしれません。毛抜き界のアドベンチャーな感じ。機械自体は安価ですが、毛根に刺激を与えるとかではないので普通に生えてくるので永遠に使い続ける必要があります。

でも、電動毛抜きに慣れている人には、「たまらなく便利で痛みもだんだん慣れてくる」というので驚きです。そんなレベルの高い域に管理人は行けないので無理です。

 

毛抜き(お金がかからない)は、痛いのですが、「この一本が痛くなりますよ」という心の準備が出来ているので場所によっては大丈夫ですよね。薄い毛の方が痛いです。レーザー後生えてくる数本のわき毛だけ毛抜きで抜いています。

ニードル脱毛というのも有りますが、管理人は体験したことがありません。針を使い電気を毛根に流して1本1本処理していくもので、すごく痛いらしいのですが、ほぼ生えてこなくなるという事です。永久脱毛にあたるのはこのニードル脱毛だけだそうですね。痛そうですが胸まわり等の少ない毛にはいいかもしれません)

 

除毛(カミソリ・除毛クリーム等)より将来的には安価

外に出ている毛だけを処理するのが除毛。

除毛クリーム(長い目で見ると高額・効果はまちまち?)は、毛の主成分であるタンパク質を溶かして毛を無くす方法。カミソリで肌を痛めたくないという人が利用したりしていますが、毛を溶かす成分も肌に影響が無いとは言えないかもしれません。管理人の場合は結構剛毛なので、あまり効果を感じられない部分もありましたが、友人でずっと除毛クリーム派の人がいます。合っているんでしょうね。使用前・使用後の保湿でアルカリ性のローションなどは使うのはダメだそうです。管理人は剛毛だからか、毛がちぎれた状態に見える結果で終わりました。何度か試した方がよさそうです。

カミソリとケノンならどっちもどっち

カミソリは肌を痛めると聞きますが、管理人の感覚では、カミソリはそれほど肌を痛める感じはありません。
カミソリはやっぱり重宝します。使用前(滑りを良くするなど)・使用後のケアをおこたらず、刃の新しいものを使うのなら、それほど肌を痛めることは無いと思います。

中にはカミソリがすごく上手な人っていますよね。向き不向きはあるでしょうけど、カミソリは上手く使えばすごく重宝します。

電動カミソリの中には、自分の毛の質に合っていた場合、ひょっとしてどんな脱毛・除毛処理方法よりもお手軽なんじゃ?という場合も。剃り残しさえなければ・・・。

自分に合った電動カミソリに出会えたら本当に重宝しますよね。カミソリだと誤って血が出ちゃうという人も、電動カミソリなら眉や指毛、女性のヒゲとかもOKですよね。毛の質に合っていれば。

抑毛剤ヨクモウザイ というものがあります。毛が生えにくくするクリームですが、管理人は使ったことがありません。ホルモン関係にアプローチするようです。肌に悪い成分はほとんど使われていないらしいのですが、ホルモンバランスを考えた場合、実際どうなのか不明です。良く知らない分野なので、興味のある方は調べてみてください)

 

あと、カミソリ派には、シェービングサロンは別の意味ですごくおすすめ!背中や顔など全身をシェービングをしてもらえるのですが、管理人は「顔そり」で未知の世界を体験しました。

なんと、今までにないレベルの角質が落ちたのか、化粧のノリが異常に良くなったのです。

しかも
サロンによっては高級ホテルのSPA感覚。

顔のシェービング目的だったのに、クレンジングに始まってアロマオイルのマッサージ、そして顔そり、さらに保湿。

サロンによって違いは有りますが、体験してみる価値有りでした。一部分だけなら全身のエステに行くよりお得価格。顔だけなら3000円くらいからあります。

全身のシェービングに通っている人も多いようです。

 

ということで、カミソリは永遠に手間がかかるものの、ケノンと比べても、どっちでもいいかなと思います。

ここまで、他の処理とケノンを比べてきました。

これは他の脱毛方法にも共通して言える事ですが、家庭での処理の場合は、どんな方法でも、Oラインは自分では難しいです。

見えないから。

合わせ鏡でも全然見えません。見えたところで体が柔らかい人じゃないと処理は不可能なんじゃないでしょうか。あと、左右上下の方向が鏡だと分かりづらいです。

もしもOラインをツルツルにしたいならクリニックで処理するのが一番近道だと思います。

Oライン以外なら、ケノンにして良かったです。
(高いので、せっかくだから使おうというモチベーションUPにもなる)



結果的にケノンにして良かった

ケノンでツルツルにしたかったのに、ほどよく薄くなった段階で処理するのをやめて友達に貸し出している管理人です。

使いまわせるなんてお得だなと思います。指毛だけ無くしたいという友達のご家族は3~4回で指毛が生えてこなくなったそうです。

値段的にも超高級脱毛器だけど、みんなで使えて、しかも長い期間使えるケノン。

薄い段階~ツルツルまで、好きなレベルまで家で好きな時期に脱毛できるので、結果的に買ってよかったと個人的には思います。

この記事を書いた人
ジム・フリー

ちょっとだけ困難な山を越えてきました。今やっと原点にかえって人生再建中。バランスを取り戻しています。

ジム・フリーをフォローする
おすすめ記事&広告
スキンケアのバランス
スポンサーリンク
ジム・フリーをフォローする
Jim Free’s blog