なぜか私の頭皮の臭いが消えたシャンプー

頭皮のニオイを消すために買ったわけじゃないシャンプ―が、意外にも私の頭皮のニオイをほとんど消してしまったので紹介します。もちろん、香りの強いシャンプーのほうが髪はいい香りだとは思いますが、ナチュラルなシャンプーで、根本的に頭皮のニオイを軽減してくれるという意味で気に入っているシャンプーです。
(※管理人の体験談です。効果には個人差が有ります)

頭皮の臭いが消えたシャンプーは初めて!

「シャンプーしたばかりなのに、頭皮特有のにおいが残っている」

数々のシャンプーを試して、白髪が減るシャンプーには出会えた「なぜかこのシャンプーだけ白髪が減ります」の記事)のですが、頭皮のニオイは完全には消えませんでした。

だから香りの強いトリートメントを使用していました。そして、それはそれで香りはごまかせていたので、正直、特に問題ではありませんでした。

そもそも頭皮が臭う原因は?

頭皮の皮脂の過剰分泌、老廃物、たまった角質等が酸化するなどしてニオイの原因に。

ニオイの元である雑菌の増加によってもニオイは増すようです。

他にも栄養バランスの乱れ、ホルモンバランスの乱れ、万病の元である活性酸素によるものなど、原因は様々ですが、健康であれば解毒されるはずの老廃物が、加齢とともに処理しきれず増えてしまうのは残念なことですね。加齢臭とはおさらばしたいところです。

病気、環境やストレス等によっても老化・酸化は進んでしまうそうです。

だからシャンプーで汚れを落とすのですが、過剰な皮脂を取り切れないシャンプーでもダメだし、皮脂を摂りすぎるシャンプーだと頭皮は皮脂を出そうとするので逆効果。

という事は、余計なものを優しくキレイに落としてくれるシャンプーが必要なのだと思います。

 

今回管理人の頭皮のニオイを消してくれたharu「kurokamiスカルプ」というシャンプーは、きっと管理人の髪や頭皮の状態に合っていたのかもしれません。

 

 

 

先に書いておきますが

 

このシャンプーは、頭皮の臭い対策専用のシャンプーではありません。
でも、スカルプケアができるので、臭いが軽減するのも不思議ではありません。

(haruにはメンズスカルプ・プロという製品があり、そちらはミョウバンや銀イオンなどが配合されて臭いにも効果が期待できそうです。ミョウバンのや銀イオンの安全性には賛否あり、管理人は個人的には取り入れない派です)

 

頭皮のニオイ専用じゃないのに臭いが消えた?

魅力的な宣伝にそそられて購入したharu

初めて洗った時から違いました。(正しい使い方なら二度洗い不要とのことですが、管理人は個人的に2度洗い)

髪を洗ってタオルを巻いている時に頭皮の臭いがほとんどしない事に気が付きました。

 

いつもなら、洗って下を向いてタオルで拭いている時点で頭皮のニオイがしていました。シャンプーやリンス、トリートメントのいい香りと一緒に頭皮のニオイもしていたのです。

 

しかし今回は

慣れ親しんだ自分の頭皮の臭いが無く

 

頭が快適な状態です。

 

今まで感じたことの無い快適さを知ると同時に、以前は「髪や頭皮に違和感が有った」のだと気が付きました。

 

冷房がキンキンに効いた室内から外に出た時に、「あ、私寒かったんだ」と気づいたかのような・・・

 

今まではどうやら、頭皮がチクチクごわごわしていた様で、今はそれが無くて頭部の嫌なストレスからも解放された感じです。

 

忘れていただけで、子供の頃の私の頭皮は、こんなに快適な状態だったのかもしれません。

 

 

haru「kurokamiスカルプ」は、頭皮の臭い対策専用のシャンプーではありませんが、スカルプというだけあって、頭皮ケアにもなっているようです。

成分の一つである「マテ茶発酵液」は皮脂の酸化を防ぐ効果があり、雑菌の増殖を防ぐことで臭いの発生を抑えている可能性が考えられると思います。

(※haru「kurokamiスカルプ」は香料で臭いをマスキングするタイプではありません。頭皮がキレイになる事で、頭皮の不快なニオイ自体が減る事はあっても、ニオイを隠すことはできないと思います)

 

もしかすると、本当に自分に合っているシャンプーを使ったら、白髪も、抜け毛も、頭皮の臭いも・・・お悩みは全て解決するのかもしれません。

 

haru「kurokamiスカルプ」

 

本当に良いシャンプーを正しく使えば、香りでごまかす必要がないのかもしれません。

ボトルもいい感じです。

 

モコモコ泡がたつ、という事ではなくて、本当に必要な泡が立っている感じです。

良く泡立つシャンプーはたくさんあります。

でも、今回の泡は、きっと必要な泡なのだとすすぎの時に感じました。

 

しっかりタオルドライした後、頭皮の臭いがない事に感動しました。
でも、シャンプーの香りは長続きしません。

髪が無臭になるだけという感じです。

 

 

全成分(原材料)

kurokamiスカルプの全成分です。

天然由来とはいえ、すべてが完全に安心と言える成分ではありません。
(出典:haru)

 

上記成分の内、水の次に多い二つの成分について解説しています。

☆ココイルグルタミン酸TEAについて

洗浄成分の中では比較的低刺激なココイルグルタミン酸tea。
→ココイルはココナツ油(ヤシ油)から抽出する脂肪酸のこと。
→グルタミン酸はうまみ成分で、昆布やチーズ、トマトやイワシなどに含まれます。グルタミン酸と聞くと、食品添加物としての人工的な化学調味料のグルタミン酸を思い起こす人もいると思いますが、化学調味料のグルタミン酸は、うまみをさらに増すためにナトリウムを結合させたものですので、それとは違うものです。グルタミン酸はアンモニアの解毒作用でも知られています。
→TEAは、トリエタノールアミンというもので、アンモニア成分を含み、酸を中和するPH調整の作用があります。
→この3つの成分を念頭にココイルグルタミン酸TEAを見てみると・・・

ヤシ油から抽出した脂肪酸とアミノ酸であるグルタミン酸がアシル化したもの?

医薬部外品としての表記は「N-ヤシ油脂肪酸アシル-l-グルタミン酸トリエタノールアミン液」といいます。

アミノ酸系界面活性剤の一種という情報が多いです。

なんだかよく分からない難しい話になってきましたが、このココイルグルタミン酸teaは、頭皮や髪と同じ弱酸性。髪の毛の成分の1つでもあるグルタミン酸はアミノ酸の1つで、アミノ酸不足によって毛肌に異常が有る場合には補給したい成分でもあります。

ちょっと話がそれますが、自然派のアミノ酸系の高価なシャンプーに「ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naは使っていません」と言いつつ、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが使われている製品があります。

これは、高い洗浄力により頭皮に必要な油分まで取り除いてしまう可能性も指摘されています。ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naよりは低刺激という事で、無添加・低刺激・アミノ酸シャンプーの成分としては、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使うメーカーが増えているようです。

洗浄成分がこのオレフィン(C14-16)スルホン酸Naだけでは洗浄効果が高くなりすぎるので、他の洗浄成分とバランスよく配合して、使用感などを整えているので、悪いとは言い切れないとも思います。

haruにはこのオレフィン(C14-16)スルホン酸Naは入っていません。

 

☆コカミドDEAについて

非イオン界面活性剤で、別名「ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド」。

ココナツオイルから抽出された脂肪酸の混合物をジエタノールアミンと反応させて作られたジエタノールアミドの事。

これも界面活性剤で洗浄成分として配合されていますが、一応書いておきたいのが、発がん性が指摘されている点です。

この発がん性のレベルは、国際がん研究機関(IARC)によると「ジエタノールアミン(Diethanolamine)」が、以下のグループに属しています。

グループ3

ヒトに対する発癌性が分類できない (Not Classifiable as to its Carcinogenic)、化学物質、混合物、環境)
出典:Wikipediaフリー百科事典「IARC発がん性リスク一覧

同じグループには、タルク(ベビーパウダーや製剤の成形に関わる賦形剤などに使われる)、タンニン酸、亜塩素酸ナトリウム(劇薬指定)や、亜硫酸塩(ワインの酸化防止等)などがありますが、同じグループの化合物の部にはコーヒーやお茶も分類されています。同グループの環境の部ではカラーリング製品やペンキ製造業に従事という環境も。

今回のコカミドDTA(ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド)に関しては、口に入れないから平気という考えもありますが、皮膚からの吸収は口からの吸収よりも影響が高い場合があるので何とも言えないかもしれません。この成分の危険性は管理人には分かりません。

しかし、この成分を発がん性だと指定するなら、ほとんどのシャンプーに含まれている多くの成分を指摘する必要が出てくる為、管理人としては、現在のところ、それほど気にしていません。

管理人としては、haruのシャンプーについては無添加だとか、ノンシリコンだという点で気にっているわけでは無く、話題のシャンプーを使ってみたら、自分に合っていて、頭皮の臭いから解放されたという点で気に入っています。

特徴

haru「kurokamiスカルプ」ってどんなシャンプーなのでしょうか。
管理人としては、なぜか頭皮の臭いがほとんど消えて満足していますが、このシャンプーの本来のおすすめポイントも紹介しておきます。

ノンシリコンなのにリンスが不要

haruは、リンス不要なオールインワンシャンプーです。ノンシリコン特有のキシキシ感もなく、泡立ちがいいので指どおりも滑らか。(個人的には2度洗いします)

シリコンを使用しなくてもリンスしたように指通りがなめらかな仕上がりになる理由は2つ。

1 洗浄成分
頭皮の汚れや整髪料などをヤシ由来のアミノ系洗浄成分で優しく落とし、同時に、潤いを与えながら髪のダメージを修復。

2 配合されているオイル
天然のグレープフルーツ・オレンジ果皮油・レモングラス油をブレンド

 

他にも、ハイビスカス・米ぬかエキスなどの潤い成分配合。

 

洗浄成分にもこだわりヤシ由来のアミノ酸系の洗浄成分が洗いながら髪を補修。オリーブ油やオレンジ油、レモングラス油なども配合し、リンス・コンディショナーをしなくてもサラサラの仕上がりを実現しました
(出典:haru)

一般的に”オールインワンシャンプー”と聞くと、添加物をたくさん配合して使用感を良くしたり、コーティング剤たっぷり、というイメージがあるかもしれません。

しかし、haruの場合は、髪を丸裸にし過ぎないため、リンスは不要です。

シャンプーというのは、本来は落とすことが目的で、その後リンスで保護するのが普通かもしれません。管理人もそのステップがある事のほうがなじみがあって、シャンプーで保湿など不要だと思っている人です。

でもharuの場合は、自分の髪の量や状態にあった量をしっかり使ってシャンプーすると、ちょうどいい感じに洗い上げてくれました。(個人的に2度洗い)

 

 

10の無添加

シャンプーに入っていてほしくない10の成分が無添加です。

・シリコン
・合成ポリマー
・カチオン界面活性剤
・石油系界面活性剤
・合成香料
・合成着色料
・鉱物油
・紫外線吸収剤(←良質なシャンプーに入っていなくて当然といえば当然です)
・合成防腐剤
・合成保存料

カチオン界面活性剤というのは、陽イオン界面活性剤のこと。殺菌効果が高く、一定の刺激があるため、できればシャンプーに入っていてほしくないと思います。haruは、このカチオン界面活性剤不使用です。

100%天然由来

haruも、他の天然・無添加系シャンプーと同じく、無理やり天然100%に近づけようとする努力が見られますが、先ほどの全成分を参照したところ、危険すぎるものは使っていないようです。

頭皮に負担のかかるものは一切使わず100%天然由来の素材だけを配合
(出典:haru)

 

「抜け毛」「白髪」「育毛・発毛」のケアがこれ1本でOK!

独自の発毛育毛促進成分「キャピキシル」が高濃度配合。キャピキシルは発毛成分で有名なミノキシジルの3倍の発毛効果とも。

他にも、美しい黒髪のキープに注目される成分ヘマチン、リンゴ果実培養細胞エキス、サクラ葉エキス、ローズ、カミツレなど、髪のボリュームUPに良いとされる天然由来成分が含まれます。

さらに、美しい黒髪には欠かせないミネラル豊富な海塩、海藻エキスまで配合。

期待していたわけではないのですが、明らかに抜け毛が減ってびっくりしています。もちろん、シャンプー中の抜けるべき毛はしっかり抜けてくれます。しっかり乾かした後、床に落ちる毛が減っているのです。

抜け毛が減る感覚に関しては多くの人が実感しているらしいですね。

花粉から地肌をやさしく守ろう!

花粉は、頭皮に付着することで、かゆみなどを生じてしまう可能性もあるのだとか。花粉の時期というのは、ただでさえ皮膚が敏感になっていますから、刺激の少ないシャンプーで花粉をさっと洗い流してあげましょう。すすぎも肝心ですね!

100%天然で頭皮にやさしいので、蓄積した花粉もよごれと一緒に毛穴からすっきり。アミノ酸配合なのでキシミなく洗え、さらに頭皮にやさしいですね。

 

コストパフォーマンスが高い

シャンプー1本で髪と頭皮の色んな悩みが解決できそうな予感がする上にリンス不要というのはコストパフォーマンスが高いと思います。管理人的には頭皮の臭いがほとんど消えただけでコスパ大!満足度93%というのも納得。でも個人的には2度洗い派です。

詰め替え用は売っていません。詰め替える際に水や雑菌が入ってしまうと、強い保存料の入っていないシャンプーは変質のおそれがあるからです。そのくらい髪の事を考えているシャンプーです。

口コミ

気になる口コミを一部抜粋しました。

 

「自分に合わないシャンプー使うと、頭皮も痒くなるし、ほっぺ、首、背中などが荒れてしまうんですが、こちらは大丈夫でした!髪のコシ、ハリ、ボリュームはどうだろう?!でもリンス・コンディショナーはしていないのにツルツルになるので使い続けたくなるシャンプーだと思いました!将来のために今から♪」

 

「年末に出会ったけど、今年一番良かったシャンプーかも!ノンシリコンかつ無添加なのはやはり安心できる良いところ。頭皮ケアが出来て、その後のリンス・コンディショナー不要なところも◎ 
子供と一緒に入る忙しいお風呂に良いし 、最近気になっている白髪・抜け毛にも!産後にも良さそう♪」

 

「染めても染めてもきりがない、 白髪にはこのシャンプー「haru 黒髪スカルプ・プロ」 
ダメージを受けた頭皮を整えることで、抜け毛、白髪、育毛発毛のケアができる100%天然由来で作られたシャンプーなんです。ノンシリコンで、石油系界面活性剤等 頭皮や髪に負担になる成分は不使用だから安心。リンス、コンディショナー不要できしみや乾燥も気にならないから使い続けたくなります! 
爽やかな柑橘の香りでリフレッシュできるよ~♪」

 

 

「このシャンプーで洗ったときは、抜け毛が減った気がします。白髪予防の効果もあるみたいだけど、生え変わるまでにはちょいと時間がかかるかなあ。芸能人も愛用でおすすめのシャンプーです! 」

 

口コミを見ても、頭皮の臭いが消えたという口コミは見当たりませんでした。という事は管理人だけ?それとも、頭皮の臭いが消えるのは当たり前なのでしょうか・・・

公式サイト限定・初回3大特典

転売が発生しているそうです。公式サイトからだと特典が付いて、品質管理も問題ないと思います。

公式サイト限定・初回3大特典

★30日間全額返金保証

★送料無料

★シャンプーブラシ付き

この手のブラシは痛かったり、くにゃくにゃしていたりすることも多いですが、管理人としては結構好みの質感とかたさでした。

 

<定期コースは回数の縛り無し>
普通、定期コースの場合、回数縛りは結構ネックで、解約時めんどうなことが多いですよね。その点回数の縛りが無いというのはポイント高いと思います。

 

haruオンラインショップ


その他

haru「kurokamiスカルプ」は、TPCマーケティングリサーチによると、通販番組における女性用頭皮ケアシャンプーのスカルプケアシャンプー部門で2016年の売り上げ第1位で、さらに、オールインワンシャンプー部門でも第一位をとったそうです。二冠達成ですね。(累計販売本数40万本突破)

ところで、せっかくいいシャンプーを使っていても、シャンプーが雑になっていまうと効果半減で、お金の無駄。正しい方法で洗いたいです。一応チェックしておいてくださいね!

 

効果的なシャンプ―の方法

いつものシャンプーを見直すだけで、変化を実感!シャンプーを変える前に、まずは洗い方を変えてみてはいかがでしょうか。シャンプーを変えるのはそのあとでも遅くないはず。

美容師さんが教えてくれると思いますが、大体こんな感じ。

★ブラッシング
髪がもつれた状態でシャンプーするとキューティクルを痛める結果に。毛先から丁寧にブラッシングして最後に根本もブラッシング。

★前洗い
ぬるま湯でしっかり汚れを洗い流すと、大まかな汚れの大半が落とせるそうです。熱い湯だと痛む原因になるので、適温でしっかり予洗いを(しっかり前洗いすることで2度洗い不要に。※ワックスやスプレーが落ちない時は2度洗いが必要な場合も)

★本洗い
適量のシャンプーを手に取り、頭皮を洗う感覚で優しくマッサージしながら洗う。洗い残しが無いよう、頭皮全体をくまなく洗い、最後に髪全体にもシャンプーが行きわたるように。泡でいっぱいの状態で少し時間をおけばパックにもなります。

 

★よくすすぐ
これでもかと、しつこく良く洗い流すことが大事。せっかく良質なシャンプーで汚れを浮かせても、すすぎ残しがあると効果半減の可能性あり。

 

★しっかりドライ
しっかりタオルドライしてから頭皮を中心に乾かします。頭皮が湿った状態は、雑菌が繁殖してしう恐れが。ドライヤーは近づけすぎず、高温に注意して、ある程度乾いた後は冷風で全体を乾かします。

(おもしろいドライヤーを見つけてしまいました。頭皮を改善しなからダメージゼロで乾かしてくれるのだとか。アートネーチャーでも採用されている点が気になります。自宅でヘッドスパといった感じでしょうか。→ヤーマン【スカルプドライヤー】
☆注意点:シャンプーは適量を使用する
髪の量や汚れ具合などにあわせた適量を見つけて、正しい使用量でシャンプーすることで、良質なシャンプーのパワーの恩恵を最大限に得られるそうです。

管理人は、肩に着くくらいのセミロングですが、頭が大きいのか、4プッシュでも足りないくらいです。毎日シャンプーしている場合で4プッシュ。以前管理人は毎日シャンプーをしない人だったので、その場合はたぶんもっとしっかり予洗いして、5プッシュくらい必要だったかも。2度洗い不要ですが、個人的には2度洗いのほうがすっきりします。

髪をあまり洗いたくない人や、仕事柄長時間勤務で洗えない人の場合も、使うシャンプーの量は多くなると思います。haruだとシャンプーが楽しくなるようで、最近はなるべく毎日洗っています。

 

kurokamiスカルプを購入すると、詳しい使用方法の冊子が付いて来ます。

トリートメントは市販の物を使っています

リンス不要。1本でコンディションを整えてくれます。

天然の精油による自然な香りもあります。どれだけ自然かというと、季節や天候によって精油の香りが変わるため、毎回ブレンドし直す手間をかけて、丁寧に作られているというではないですか。だからもぎたて果実のような香りで人気なようです。

リンスは不要でも、トリートメントは使いたい管理人は、ナチュラル系のトリートメントをイロイロ使っています。

最近ではリンスもコンディショナーもトリートメントも、メーカーによっても境界線がよくわからない?と思っていますが、髪の中まで栄養を浸透させるのがトリートメントである点ではたぶんどこも同じ感じだと思うので、haruはリンス不要で髪のコンディションまで整えてくれているから、あとは好きなトリートメントで好きな香りを楽しんでいます。(haruにもエッセンスやトリートメントは売っています)

 

(haruにはメンズスカルプ・プロという製品があり、そちらはミョウバンや銀イオンなどが配合されて臭いにも効果が期待できそうです。ミョウバンのや銀イオンの安全性には賛否あり、管理人は個人的には取り入れない派です)

公式サイトから販売ページにアクセスできます。アクセス後、左上のロゴをクリックで販売ページに移動できます。

公式サイトはこちら

結論:自分に合ったシャンプーなら臭わないらしい

成分だけで考えた場合、もっと良いと思うシャンプーは他にも有ります。

数多くのノンシリコンシャンプーが本当の完全無添加とは言えないと思いますし、管理人の場合はシャンプーに完全無添加を求めてはいません。

できれば無添加で自然派で、オーガニックなら、なおさら良いですが、無添加だとか、天然であることが、必ずしも健康的であるとは言えないかもしれないからです。

とにかく今回、haru黒髪スカルプ・プロは、シャンプーの成分のバランスがどうやらとても自分に合っていると感じました。環境やシャンプーの仕方などで、自分にあった製品は変わるのだと思います。

 

 

みなさんも自分に合ったシャンプーに出会えますように。