足の臭いの原因「イソ吉草酸」は竹炭の菌ピタ君で消す!

足の臭いの原因「イソ吉草酸」は、皮膚の菌が、汗や皮脂などを分解する時に発生するそうです。

しかし、なぜ足は、臭う人と臭わない人がいるのでしょうか。

イソ吉草酸をなるべく自然な方法で消すために、イソ吉草酸の消臭効果が高い竹炭を取り上げながら、足の臭い対策について考えます。(活性炭じゃなくて竹炭)

walking-690734_640

仕事や人付き合いなど、社会的な生活に支障をきたす憎むべき足の臭い。

そんな足の臭いの正体「イソ吉草酸」とは、いったい何者なのでしょうか。

 

足の臭いの最大の原因イソ吉草酸とは

イソ吉草酸(イソキッソウサン isovaleric acid )は、有機酸(脂肪酸)の一種。

 

皮膚にいる菌が、皮膚のタンパク質や皮脂を分解する際に副産物として生まれるモノだとか。

しかし、同じように生活していても、すぐに臭ってしまう人もいれば、全くクサくならない人もいるんですよね。

 

ここには、汗の量や皮脂の量、環境、そして代謝などが関係しているようです。

 

イソ吉草酸は高温・多湿・酸性の環境で増える

高温・多湿・酸性の環境は、雑菌が増えやすい絶好の環境。

皮膚の雑菌は、虫歯菌などと一緒で酸性の状態で元気になるそうです。もともと皮膚自体が弱酸性な上に、酸化というのは高温多湿で起こりやすく、特に皮脂は油ですから、酸化しやすいんですね。

さらに、靴の中は高温になりやすく、汗をかきます。汗や皮脂は雑菌のエサになりますから、靴の中は足の臭いの原因菌が増える一方です。

 

bus-690508_640

 

 

足の臭いは代謝が関係している?

「代謝」とは、簡単に言うと、栄養素などが合成・分解されること。栄養をエネルギーに変えることです。

この「代謝」になんらかの異常が起こると、臭いを発生させてしまうことがあります。

例えば糖代謝の異常の場合、糖をエネルギーに変えること(代謝)が出来ない状態のこと。通常、体は糖をエネルギーにしますが、糖が無い状態では脂肪を代謝してしまいます。この脂肪を代謝するときに出来る副産物が非常に臭います。

足の臭いの原因であるイソ吉草酸というのは、有機酸の一種。

「有機酸代謝異常」によって、蓄積されるとも言われています。

(これらの代謝異常による場合はイソ吉草酸血症などの病気の場合も。おそらく臭いだけの症状にとどまらず、体調不良等によりすでに専門の医療機関にかかっている場合がほとんどのはずです)

(参考サイト:Wikipediaフリー百科事典 “3-メチルブタン酸” “吉草酸“)

 

イソ吉草酸は「竹炭」で消そう!

竹炭は、炭です。

炭というのは、炭素化したもののことを言いますが、木炭もあれば竹炭もあり、活性炭というのもありますね。

炭は木とか竹を焼いたものですが、普通に焼くと全て燃えて無くなってしまいます。無酸素の状態で焼くことで炭素だけが残り、その際無数の孔(穴)ができるのだそうです。

木炭というのは、孔が少なくて、燃料などに向いているそうです。一方竹炭は孔が非常に多く消臭効果に優れています。

活性炭というのは木炭に熱加工を施して孔の数を増やしたもの。消臭効果は有りますが、炭の孔に臭いを吸着していって、炭の孔がいっぱいになるとそれ以上は臭いを吸収できません。

 

一方、竹炭は、日干しなどを行うと吸着していたものを放出する特性があるそうです。何度も再利用できるんですね。
5078e2e162bddf68ba1b36bf5b57003c_s

また、竹炭は活性炭には含まれない活性ケイ酸という強い抗菌力をもつ物質を含んでいます。

半永久的に消臭効果を得られる竹炭は、エコで環境にやさしく、天然の空気清浄器のようです。

(活性炭は孔が非常に多く消臭効果に優れています。再利用には竹炭の方が向いているようです)

 

よく玄関などに竹炭が置かれているのを目にするかもしれませんが、竹炭は玄関の消臭にぴったり。

 

そして大変うれしいことに、竹炭は足の臭いの原因であるイソ吉草酸も消臭してくれるのだそうです。

 

優秀!竹炭配合インソール・靴の中敷き「菌ピタ君」

活性炭入りのインソールはよく目にしますが、竹炭入りの中敷きは意外に少ないようです。
足のあの特有の臭いというのは、高温多湿の状態でイソ吉草酸などの菌が増えてしまうことできつくなりますが、竹炭のインソールを入れると、靴の中の環境が変わります。

 

無数の孔で汗と臭いを吸収し、活性ケイ酸で抗菌してくれます。

酸性の状態で増えやすい雑菌ですが、竹炭自体がアルカリ性のため、靴の中のphを上げて雑菌が増えにくい状態にしてくれます。

さらに日干しで消臭・吸湿効果が復活するので、毎日新しいものに買い替えなくてもいいのがうれしいです。

 

 

靴下にも竹炭入りの商品は有るには有りますが、経験上、洗濯するとなんだか効果が薄れる感じが。。。

 

活性炭入りのインソールもいいですが、活性炭は消臭して孔が塞がってしまったらそれで終わり。使い捨てになってしまいますから、竹炭の中敷きがおすすめです。

日干しして効果を復活させることが重要なので、1回履いたら休ませるのが重要。毎日使用するなら2つはほしいです。説明では、1回履いたら2日休ませたいとのこと。3足(3ペア)あれば一番良いですね。お父さんの靴の中敷きをこっそり変えてみても。

 

 

菌ピタくんという商品は、レビューがいいのはもちろんですが、中敷きを入れるだけというシンプルで単純で、安全な消臭対策です。臭い測定器を利用して具体的な数値を出しているところも、消費者目線で安心だと思いました。
(サイズ注意。カットするタイプではないので、サイズを指定して購入します)

すごくしっかりした作りです。数か月持ちそう。

DSC_1584

裏はこんな感じ。。。

DSC_1633

こっそりお父さんの靴にセット完了。

一日履いて帰宅したお父さん、の靴から菌ピタ君をこっそり取り出して恐る恐る臭いを確認してみました。

 

アレ???

 

靴の革の臭い+ちょっと蒸れた感じの臭いしかしない・・・
あの足特有の臭いはどこへやら・・・たった1日なのに。
(おそらく個人差あり。あと、まだ夏じゃないのでこれから夏になったらまた追記しますね)
(追記:夏も去年より断然臭いません)



(2016.07.23追記:やっぱり臭いません!というか履いて帰って来た後の菌ピタ君は臭います。でも、部屋に充満しません。菌ピタ君はしっかり干したら臭いが消えています。でも・・・しかしせっかく菌ピタ君を入れている靴を履かせても、仕事の関係で別の靴やスリッパに履き替える機会が多い日があるため、そんな日は臭う事が!なんだかやり切れません・・・)
DSC_1634

もしも100円ショップの”活性炭”の中敷きを効果重視で使うなら1日1枚使い捨てだとして1か月で3000円です。菌ピタ君は履き方にもよりますが、通常3か月以上持つ上に1足1890円送料込み(公式ショップの場合2016.06現在)で、さらに活性炭には無い竹炭特有の殺菌成分活性ケイ酸が入って、その上竹炭のアルカリ性は菌が繁殖しにくいため、相乗効果が期待できます。
菌ピタ君専門店

(2016.07.31追記:菌ピタ君を↑の公式サイトで購入すると、かなり充実したサポートメールが定期的に届きます。足の臭い対策に関して知っている内容も含まれているかもしれませんが、きっと知らない内容のメールもたくさん届くと思います)

 

 

竹炭もいいけどヒノキもいいよ

ヒノキも、イソ吉草酸などの足の臭いを消臭するのに大変効果的だそうです。ヒノキの精油にはα-テルピネオールという成分が含まれていて、イソ吉草酸の消臭率99%らしいです。

たとえばこんな製品。。。

天然ヒノキから抽出された消臭、除菌、防虫のまもるくん 600ml 900-060

新品価格
¥1,870から
(2017/2/15 05:02時点)

PLANTS&ROOM FRESH WATER 300ml(Aパルマローザ) 天然ヒノキ 消臭除菌スプレー 日本製 100%天然成分の安心安全 ベビー 虫よけ 加湿器 アロマ 香り 靴 足 ルームフレグランス 車 トイレ 玄関 ペット

新品価格
¥1,880から
(2017/2/15 05:01時点)

(ヒノキのスプレーはサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌除菌率も99%で食中毒にも。ムカデ対策にも最適)

靴下の履き替えと洗濯について

足の臭い対策の基本は、靴下・スリッパ・靴の履き替え

管理人はある時から、汗をかくたびに靴下を履き替えるようにしています。それがたとえ1日20回であろうとも。

そして、靴下の洗濯は下洗い+すすぎ2回+乾燥機 洗剤は抗菌系 が基本です!

個人的な経験から、乾燥機使用は、天日干しに比べて臭いが発生しにくいです。洗濯後、どれだけ早く乾かせるかが菌を増やさないポイント。夏の晴れの日は即効で乾くので天日干しでもいいかもしれません。

乾燥機を毎日使っていると洗濯槽の菌対策になります。
laundromat-708176_640
タオルも、足を拭くので抗菌洗剤で洗って乾燥機が基本です。せっかく足をキレイにしても、生乾き菌が付いたタオルで拭くと雑菌をもらってしまうという考えからです。

乾燥器に備えて大き目の靴下を買うのも基本です。

 

また、管理人はスリッパも薄っぺらくて洗濯可能なものを使用し、毎日洗濯乾燥しています。

さらにはトイレなどのスリッパ。こちらは家族や来客みんなが履くので、布製じゃなくて、アルコール消毒できる合皮やゴム製がいいでしょう。毎日殺菌消毒します。バスマットは使用しません。自分が脱いだ服をバスマット替わりにしています。とにかく菌が増えないように意識しているうちに足の臭いからはすっかり解放されました。

床も、毎日消毒しています。その際、使い古しの雑巾は菌が付着しているので使いません。アルコールスプレーなどを噴射してクロスでふき取る方が清潔です。しかしフローリングが変質してしまうといけないので、濃縮タイプのアルカリイオン水を薄めたもの等でふき取ってもいいかもしれません。とにかく菌を増やさないことが大切です。

足の臭いがどうやっても消えない場合、このくらい徹底して初めて変化が有ります。

 

足の臭い対策いろいろ

マグネシウムは意外にすごい

ミネラルにはたくさんの酵素の成分にもなっていて、例えばマグネシウムは脂肪酸を分解するリパーゼに深く関わるミネラルとのこと。マグネシウムオイルというものを足にスプレーしたところ、いくら汗をかいても靴下が臭くならない経験がありますが、個人差あると思われます。入浴剤にマグネシウムが含まれている場合がありますが、マグネシウムのリラックス作用と共に、ミネラルの抗酸化作用に加え、酵素の働きを促進する作用もあるのかもしれません。

重曹の強アルカリでイソ吉草酸を中和してしまう

重曹にレモングラス、ペパーミント、ベルガモットなどの精油を数滴よく混ぜて1日履いた靴の中に大さじ2程入れて靴ごとビニールに入れてフリフリし、しばらく置いてから袋を開けて靴を取り出してブラシなどで重曹をキレイに落とす。(特にベルガモットがおすすめ)

精油がなければ重曹だけでもOK.

重曹を溶かした水でうがいすると虫歯予防になるのも、重曹のアルカリ性によるものだそう。臭いの元はphが低い状態(酸性)で元気になるので、phが高い状態(アルカリ性)寄りに持って行くことが望ましいですね。同じく虫歯も、食事で酸が出来てしまって歯がダメージを受けることで虫歯のきっかけになりますが、唾液で中和するそうです。同じようなことを靴にも足にも応用です。
(「口臭もケアしてトータルビューティ」の記事もどうぞ)

 

足浴の基本は下洗い

もちろん先に足を柿渋石鹸などで洗って、爪の垢を取り除いてから足浴ですね。

洗面器にお湯をはり、重曹は大さじ2,3を混ぜて溶かす。
この時角質も取り除きます。足がふやけて来たらお湯取り換え。

再度足浴。最後はアロエ100%ゲルなどを塗って終了。抗菌効果のある保湿剤でも。

保湿し過ぎないのもポイント。ジメジメしたくはないので。抗菌効果が高いアロエゲルはさっぱりでおすすめ。
foot-bath-650874_640

抗酸化作用の高いプロポリス原液+お湯の足浴は殺菌効果に加えて足が臭くなりにくい状態が続くと個人的に感じています。
プロポリスは、抗ガン作用を期待する人がいるほどの成分ですから通常は飲む方の方が多いプロポリス。インフルエンザや食中毒などの予防にも。ドイツ当たりではフットケアにプロポリスは結構メジャーなようです。


↑プロポリスには非常に沢山種類があって、粗悪品も多い中、TCNのプロポリスは原料、抽出方法、保存容器、濃度、製造者、どれをとっても安心です。

 

足の臭い対策、食事、生活編

一時的に足の臭いをケアすると同時に、大変ですが体質改善も同時進行で取り組みたいです。

ちょっと減らした方がいい食べ物

よく、脂肪の多い食べ物を食べ過ぎると体臭や口臭がすると聞きませんか?

イソ吉草酸が脂肪酸であることからも、脂肪が多く含まれる動物性タンパク質の過剰摂取はちょっとだけ注意したいですね。

動物性タンパク質(特に牛肉、乳製品、レバー、ハム、魚介類など)、植物性タンパク質(特に大豆製品など)の取りすぎにちょっとだけ注意。

 

また、減らしすぎも注意。足りなくなるとアミノ酸バランスが崩れて、筋肉や毛髪などに影響が出る可能性があります。なんでもバランスですね。

ちょっと増やした方がいい食べ物

ビオチンはアミノ酸の代謝に関わるので、積極的に取りたいです。

ビオチンが多く含まれる食べ物はレバーや卵、大豆製品などですが、先ほど取りすぎに注意と書いた食材と重なってしまいます。ナッツや鮭、イワシ、アーモンド、海苔などにもビオチンは含まれていますので、普段あまり食べていないと言う人は時々取り入れてみてください。
また、ナッツやアーモンド、海藻などは、ミネラルが豊富ですが、ミネラルの多くは酵素の働きに深く関わるため臭いの元となるものの分解にも繋がっている可能性も。

ただし、食事はバランスが重要ですので、例えばナッツだけ食べまくる、という方法はやめてください。良く噛まないと消化に悪い上に、栄養素が偏って体のバランスを崩しかねません。

腸から体臭を予防するにはこちらの記事もどうぞ

酪酸菌とは?話題の【らくさん菌】は腸活に効果があるのか
最近、” 病は腸から ” ということで「腸活」が話題になっていますが、らくさん菌で腸活する人も多いようです。 腸活は最近のブームかと思いきや、実は以前から「病気の原因が腸に原因がある場合がある」という考えはあって、すでに腸活が生活の一...

汗をかきやすいなら自律神経にも注目

臭いの元となる汗腺は、唾液腺とともに自律神経の支配下にありますから、食事と共に睡眠なども整えたいです。自律神経を整えるための睡眠についてはこちらに書いています。

寝始め3時間の睡眠が自律神経を整えて美容にいい唾液を出す
睡眠不足による ”睡眠負債“ が叫ばれる中、みなさんは内容の濃い睡眠が摂れているでしょうか。 じつは質の高い睡眠を摂る事は、長く寝ることよりも大切なのだとか。 脳や体を修復し自律神経も整えてくれる睡眠は、美容に良い成分も分泌して...

まとめと今後

足の臭いの原因であるイソ吉草酸は、高温・多湿・酸性の状態で発生しやすいため、小まめに靴下を取り換え、中敷きには抗菌・消臭・吸湿効果のあるものを使用して毎日取り換えるのがいいでしょう。靴も毎日履き替えて乾燥させ、足浴するなどのフットケアも重要です。

足の臭い対策においては、除菌洗剤+乾燥機が必須。いかに早く乾かすかが菌を増やさないポイントです。

単純な作業ですが、毎日の積み重ねで足の臭いに変化が出てくるのだと思います。

ところで、臭いの元の脂肪酸、例えば今回のイソ吉草酸は、エタノールと反応すると芳醇な香りに変化するのだそうです。しかし我々がエタノールでふき取っても全然効果は無く、専門家による化学的な処理が必要とのこと。

いつの日か、魔法のような薬が開発されて、どんな激臭もあっという間に消せる日が来るといいですね。

 

とにかく菌ピタ君でお父さんのあの独特な足の臭いが随分マシになったお話でした。

また新しい情報が入り次第更新します。

 

追記:菌ピタ君を使い続けた結果

菌ピタ君を使い続けて1年以上が経ちました。

うれしい事にあの特有のイソ吉草酸のニオイが玄関にも部屋にも充満しない上に、菌ピタ君だけではちょっと手ごわい臭いの解決法をメール配信でずっと受け取ってきたので、かなり足の臭いに対しての対処法を知る事ができました。

さて、菌ピタ君の竹炭の効果は干すことで半永久的なのですが、フチがはがれてきてしまいます。これは仕方がありません。普通市販の中敷きは1年も持ちません。理想は3セット以上をローテーションですが、管理人のお父さんの場合は2セットをローテーションで1年間、週5日使いまわしました。

すると2セットともこんなふうになりました。

で、今回、1回だけ縁を縫って復活させました。

どうですか?よーく見ると変ですが、遠目には全然大丈夫!

でも、そろそろ
もう1セット購入予定です。梅雨は外で干しても回復が遅そうだし、やっぱり夏は3セットほしいので。

また報告します。

 

追記:1セット購入予定だったのですが、3セット注文しました。理由は、サイズを変更したかったから。一年間、お父さんに使ってもらって家族はとても満足しているので、3セットの注文になりました。今から届くのが待ち遠しいです。安い中敷きを毎回捨てる度、心が痛かったのですが、菌ピタ君は長持ちで、しかも毎日干したりしていると愛着が湧きます。朝干して、夕方取り入れた時、(2日休ませるのが基本です)本当に臭いが消えているのがうれしくてうれしくて。。。個人差はあるでしょうけど、我が家のお父さんの足の臭いは確実に激減しています。

コメント