栄養&水分補給が出来る【米麹甘酒】は非常時の備蓄品にもおすすめ

風邪や病気で体調の悪い時、食欲の無い時…

米麹の甘酒なら何とか飲めてしまう。

体が求めているかのように!

米麹の甘酒(砂糖不使用の)は、栄養バランスが良く、ノンアルコールで、妊娠中・授乳中、赤ちゃんからご高齢の方、病気で何も食べられない状態のワンちゃん猫ちゃんまで、適量なら安心して飲めますね。
(※持病等で食事制限のある方は医師に相談)

私の周りでは、手作りしたり、市販の米麹甘酒を常備している人も多いのですが、栄養と水分を両方補給できるし、これってもしかして非常時の備蓄品としても優秀だと思ったので、おすすめの製品と一緒に紹介します。

栄養たっぷり米麹甘酒

今また甘酒ブームが再来していますね。

酒粕で作る甘酒と、米麹で作る甘酒の2種類ありますが、どちらも栄養たっぷり。

【米麹の甘酒】
蒸したお米に麹菌を繁殖させた米麹に、お湯やお粥などを加えて1晩ほど置いて発酵・糖化したもの。

 

【酒粕の甘酒】
米麹に、清酒を作るための酵母を培養した「モト」と、蒸した米と水を加えて「もろみ(醪)」になります。これをアルコール発酵させて、絞った液体が日本酒。残った搾りかすが酒粕。この酒粕に水と砂糖、少量の塩を加えるなどして甘酒ができます。酒粕で出来ているのでアルコールを含みます。

どちらも栄養豊富ですが、酒粕の甘酒は、麹菌に加えて酒粕の栄養もたっぷり含まれます。また、レジスタントプロテインというたんぱく質が豊富で、脂質を体外に排出してくれたりします。酒粕の甘酒には美白効果の高いコウジ酸やアルブチン、抗酸化作用のあるフェルラ酸なども含まれ、美容に良いと大人気。

でも今回は米麹の方の甘酒についてです。

「飲む点滴」で栄養&エネルギー&水分補給!

米麹の甘酒が「飲む点滴」と言われる理由は、ブドウ糖が豊富であること。

私たちは、ブドウ糖や脂肪酸、たんぱく質などをエネルギーとして生きていて、脳はブドウ糖(グルコース)だけをエネルギーとしています。

食事で糖質(ごはんやパンなどの炭水化物etc)をとった後、ブドウ糖に分解されるまでに時間がかかります。

でんぷん⇒麦芽糖⇒ブドウ糖⇒エネルギー(肝臓でグルコースとして蓄えられる)

すでにブドウ糖の状態なら、すばやくエネルギーになります。ブドウ糖が疲労回復になるのはこのためです。

砂糖も体に入るとすぐにブドウ糖と果糖に分解されますので、脳にとっては有難い食べ物ですが、

砂糖⇒ブドウ糖・果糖
1段階分解が必要な二糖類です。

ブドウ糖はこれ以上分解を必要としない単糖類なのです。

 

疲労、衰弱時に打つ点滴の主な材用はブドウ糖。

米麹の甘酒が飲む点滴と言われる理由です。

また、甘酒には人間が体内で作ることが出来ない必須アミノ酸を全て含む食材。

さらに、米麹の発酵で
ビタミンB群が作り出され、
お米のでんぷんがブドウ糖やオリゴ糖に。

脳の栄養にもなるブドウ糖と、腸内の善玉菌のエサにもなるオリゴ糖には、自然な甘さがあるので砂糖を入れなくても甘いです。

また、酵素も豊富!

米麹甘酒には豊富な酵素が働いて消化吸収を助けてくれます。

アミラーゼがデンプンをブドウ糖に分解。
プロテアーゼがたんぱく質をアミノ酸に。
リパーゼは脂質を分解。

風邪や病気の時など、胃の調子が悪い時や食欲の無い時にも重宝します。

もちろん、点滴とは別物なので、日々の健康食材としてバランス良く取り入れたいです。

 

備蓄にもおすすめ。常温保存できる甘酒

本当は手作りの甘酒が一番おすすめなんですが、今は市販品がめっちゃ進化しています♪

ビン入り、紙パック入り、パウチ入り等々…

ストレートタイプもあれば、濃縮タイプもありますね。

原材料がお米と麹だけの無添加の製品も増えてきました!

今回は備蓄という点でのおすすめを紹介しようとすると、紙パックで、ストレートタイプが便利

 

常温で保存出来て、すぐに飲めて、そのまま飲めて、栄養補給にも水分補給にもなるから!

あとは、できるだけ栄養豊富な市販品…で考えると…

見つけてしまいましたよ。

こうじや里村」さんの甘酒。

なんと、ブドウ糖と必須アミノ酸含有量が、市販品の中ではトップレベルなんだそうです。
(※メーカーさん調べ)

さらに、さきほど酒粕の甘酒に多く含まれるとお伝えした話題のレジスタントプロテインが、市販品の米麹の甘酒の中で一番多く含まれているそうです!

レジスタントプロテイン
体内で分解されにくく、食物繊維のような働きをするたんぱく質。脂質や有害物質等を吸着して体外に排出。コレステロール低下などの効果も期待できる。

麹の専門のメーカーさんが作っていて、原料は国産米と国産米麹のみ!
甘酒専用の米麹で15時間以上熟成糖化して甘さを引き出しているのだそう。

つぶつぶの無いすっきりした飲み口で飽きないです。

手作りに慣れている人にとっては甘く感じるかもしれませんが、これは熟成時間が長く、しっかり糖化している証拠。

つぶつぶが無いのも、熟成期間が長いからだそうですよ。

これって、手作りしている人ならわかると思いますが、粒粒が無くなるまで熟成させるなんて…かなり難しいと思います。

おそらく、ご高齢の方にとっても、喉に詰まる感じがなくて、むせにくく、飲みやすいと思います。

個人的に、つぶつぶ感が欲しい時は手作りしています。

市販品で買い置き&備蓄には、こうじや里村さんのあまざけ♪

★製造日から10カ月常温保存(冷暗所)できて、賞味期限から最低でも3カ月以上の商品を送ってくれます。

こうじや里村あまざけ
1Lタイプ。3本セットから送料無料。多くなるほどお得。他に飲みきりサイズの125mlや、業務用もあります。

楽 天

Amazon

Yahoo!

 

甘酒のある生活

美味しくて栄養たっぷりの甘酒。何も考えずに常備していたら、そういえば非常時の備蓄にもなっていました。

すばやくエネルギー&栄養&水分補給が出来るので、いざという時にきっと役立つと思います。

普段使うものを備蓄すると、賞味期限内にどんどんローテーションして使い切れるのもうれしいです。

ところで私事ですが、甘酒を常備しはじめて、コーヒーやお酒を飲む機会が減りました。

ここの管理人のジムさんと私は無類のコーヒー好き(ほぼ中毒)のはずだったのですが、最近は甘酒の出番が増えています。コーヒーも引き続き飲んでますよ。大好きなので。どっちかをスパッと飲まなる…とかよりも健康的な気がします。

何か良い習慣を取り入れると、なにやら、どこかのバランスが整って、良い方向に回転していく、そんな気がしませんか?

甘酒も、私たちにとってはそんな良い習慣の1つのようです。

この記事を書いた人
フセン

コマゴマ した事が好きな40代。このブログの管理人ジムのともだち。

フセンをフォローする
おすすめ記事&広告
防犯・防災・セキュリティ
スポンサーリンク
フセンをフォローする
Jim Free’s blog