【初めてのサーバー移行(移転)】4回続けて成功した方法

何度も失敗しましたが、一度成功したら4回続けて大成功!もうサーバー移転で失敗はありません。ロリポップからエックスサーバーへWordPressの引越しです。FTPソフトはFileZilla使用。ネームサーバーの変更はムームードメインでの手順を書いています。ちなみにWordPressのテーマはSimplicityです。

はじめてのサーバー移行(移転)

WordPressで作ったブログを4つ、ロリポップからエックスサーバーに引っ越しました。
2017年3月、初めてのサーバー移行でした。

ここに至るまで、恥ずかしながら何百時間もかかりました。

初心者過ぎて、サーバー移行をすることになるなんて夢にも思っていませんでしたから、サーバー移行が成功するなんて奇跡のようです。何百時間かけた甲斐がありました。

ロリポップは安くてサポートも充実していたし、引っ越す予定は今までは無かったのですが、SSL化しようと思うと高くついてしまうので、(もちろん、お高いSSLはきっと質も高いのでしょうけれど)資金の無い管理人は、無料SSLのあるエックスサーバーに引っ越すことに。

(※2017.07.11 より、ロリポップでも無料の独自SSL「Let’s Encrypt」が利用可能になりました!)

エックスサーバーは、「高くてプロっぽい」イメージで敷居が高かったのですが、引っ越してみたら、画面は見やすくて使いやすいし、無料SSLは有るし、電話サポートもあるし、逆にめちゃくちゃ安いらしい事に気が付きました。まさにバランスのいいサーバーです。

初めてだけど、失敗した原因が分かったら3回続けて成功

さて、やっと成功したサーバー移行。

失敗し続けたおかげで、「なぜ何度も失敗するのか」が見えてきました。

最大の原因は、サーバー移行の手順が頭に入っていると思い込んで、実は全然入っていなかった事でした。

サーバー移行は

データベースとファイルを新しいサーバーに移すこと。

 

たったそれだけの作業だという事を本当の意味で理解出来ていれば、あとはしっかり準備が整っていれば失敗しないのだと思いました。

こういう作業が得意な人にとってはきっと最初から簡単なのでしょうけれど、管理人のような、アラフォー世代でアフィリエイト初心者、PC初心者にとっては、何十時間そこらでは理解出来なかったのです。

今回は、何百時間かけても失敗し続けた結果、やっとサーバー移行の全体像をつかんで、ついに成功したサーバー移行の方法を書きました。


(当記事は、ロリポップからエックスサーバーへの移行の記事で、FTPソフトはFileZillaでの手順を書いています。他のサーバー、他のFTPソフトの場合はあまり参考になりませんのでご注意ください。初心者が書いたサーバー移行の1つの例ですので、参考程度にご覧ください。)

3回続けて成功した方法【準備】

まずはサーバー移行前の準備からです。

バックアップ

ファイルはFTPソフトを利用して自分のパソコンに保存し、データベースはエクスポートして自分のPCに保存。ということはサーバー移行を進める間にバックアップも取れることに?

「Back WP Up」などのバックアップ用のプラグインを使用する人も。

ロリポップのバックアップオプションに入っていたら完璧です。

テキストエディタ

ファイルの書き換えにTeraPadを使用。
メモ帳だとコードが文字化けしてしまう事があるので使えない。

 

FTPソフト(FileZillaなど)

FileZillaを使いました。
管理人は圧縮されていない「.exe」の方にしました。
32bit版と、64bit版があります。お使いのPCがどっちなのかを確認するにはPCのコントロールパネルからシステムに進んで確認。

FileZillaのダウンロード、設定方法はエックスサーバーの FileZilla設定手順 参照。

キャッシュ系プラグインの停止・削除

キャッシュ系プラグインを停止、削除、必要であればファイルの記述等も削除という作業が必要。普通に削除するとエラーが出るプラグインもあるため、それぞれ正しい消し方を調べる必要がありますが、管理人は「SiteGuard WP Plugin」しか入れていなかったので、これだけ削除しました。
停止、削除したら、ロリポップFTPの、引越しさせるドメインの .htaccess の以下の記述を削除。
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

の部分。

この2行の間に記述がある場合はそこも一緒に削除します。

(Site Guard WP Pluginを削除した後はWordPressの管理画面のログインページがhttp://ドメイン名/wp-login.php等に戻ります)

 

エックスサーバーに申し込む

エックスサーバーの「サーバー無料お試し10日間」に申し込みます。管理人はすぐに支払いを済ませましたが、そうでない場合は期間内に必ず支払いを済ませます。
エックスサーバー

また、申し込み直後に届くお知らせメールは重要なので保存しておきます。

 

ドメイン登録

エックスサーバーのサーバーパネル→ドメイン設定に進む。

ドメインの追加設定タブを開き、ロリポップからエックスサーバに移す該当のドメインを追加します。

 

次に、WordPressを自動インストールするのですが、データベースに自動で「複雑な名前」が付いてしまうのが嫌な人は自分でデータベースを作ります。

データベースを作る

サーバーパネル→データベース→MySQL設定から「MySQL追加」タブを開く。
MySQLデータベース名を入力。(セキュリティを念頭において名前をつけました)

文字コードは「UTF-8」を選択。

(※データベース名をメモしておく)

MySQLユーザーを作る

データベースのユーザーを設定する必要があるので、ユーザーを追加します。
「MySQLユーザー追加」タブを開いてユーザーを追加します。

(※ユーザー名、パスワードをメモしておく)

紐づけする

該当のデータベースと、接続するユーザーを紐づけします。
「MySQL一覧」タブを開いて該当ドメインの「アクセス権未所有ユーザ」の中から、先ほど作ったユーザーを選択して追加ボタンを押す。
「アクセス権所有ユーザ」に追加したユーザー名が表示されるようになります。

ここでメモしておくべき物があります。
MySQLホスト名です。
同じ画面(MySQL一覧)の一番下に載っていますのでメモしておきます。

エックスサーバーのデータベースにログインするときに必要です。
エックスサーバーのMySQLホスト名であることも明記してメモしておきます。

 

WordPressの自動インストール

サーバーパネル→ホームページ→自動インストール→「ドメイン選択画面」と進み、該当のドメインを選択します。

「プログラムのインストール」タブを開き、WordPressを選んだら「インストール確定」ボタンを押す。

インストールURLの「/」の後ろは通常は空欄で大丈夫。ブログ名、ユーザー名、パスワードも通常はロリポップのと同じものを入力。

「作成済みのデータベースを利用する」にチェックを入れ、
メモを元にデータベース名、データベースユーザ名、データ用パスワードを入力後
「インストール(確定)」ボタンを押す。

 

ロリポップとエックスサーバーのPHP.Verを揃える

サーバー移行するにあたり、PHPのバージョンをそろえておいた方がいいそうなので、素直に揃えました。

●ロリポップのPHPバージョン変更

WEBツール→PHP設定

該当のドメインのバージョンを変更。
管理人は5.6(モジュール版)を選択しました。

 

●エックスサーバーのPHPバージョン変更
サーバーパネル→PHPバージョン切り替え
管理人の場合はロリポップに合わせてPHP5.6.24にしました。

その他の準備

ファイル名などに日本語を使っていると転送できないことがあります。転送後に失敗したファイルの一覧をFTPソフト内で見ることが出来ます。管理人の場合は失敗したものだけを後でアップロードし直して事なきを得ましたが、初めから直しておくのが正統派のようです。

SNSのカウントは通常はサーバー移行で初期値に戻ってしいます。引き継ぐ方法も有るにはあるようですが、管理人はSNSは設置していなかったので経験がなく、ここでは触れていません。

【データベースのエクスポート】

データベースをロリポップからエックスサーバーに移動させるために、まずはロリポップのデータベースをPC(ローカル)に保存します。

データベースにアクセスするための情報は、ロリポップFTPから、該当のドメインのwp-config.phpで確認できます。


データベース名、MySQLのユーザー名、MySQLのパスワード、MySQLのホスト名の4つをメモしておきます。
(※ロリポップ側の情報ですので、区別しておきます)

 

次に、データベースに移動します。

ロリポップのユーザー専用ページから「WEBツール」→「データベース」に進み、該当のデータベースの「操作する」ボタンを押す。


「phpMyAdminを開く」ボタンを押す。

 

ロリポップのメモをもとにログイン。

 

データベースの画面に入ったら
「information_schema」じゃ無い方、ドメイン名の方をクリック。

 

エクスポートタブを開いて
エクスポート方法:の所は「詳細ー可能なオプションをすべて表示」にチェックを入れます。

↑テーブル:は、全選択

ここでは全選択ですが、1つのデータベースに複数のWordPressが入っている場合や、テーブルを作ってしまうプラグインが有る場合は、今回引越しするテーブルの接頭辞だけ選択します。

(wp_1 とか wp_2 とか該当のものを選択。接頭辞は引越しさせるドメインのwp-config.php内で確認)

管理人の場合、2つの接頭辞がこんな風に入っていました。

という事で今回移すテーブルだけを全て選択しました。

 

 

生成オプションは、もともと付いているチェックに加え、さらに
DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION /EVENT コマンドを追加する」にもチェックを。そして一番下の実行ボタンを押す。

.sql」という拡張子のファイルがPCにダウンロードされます。

 

【データべスのインポート】

ロリポップのデータベースをエックスサーバーでインポートします。
さきほどPCに保存した「.sql」ファイルをインポートする作業です。

 

エックスサーバーのサーバーパネルから、データベース→phpmyadminを押す。

メモを利用してデータベースにログインします。

 

データベースの画面で該当のドメインを選択します。
(information_schemaではない方)

 

はじめに、データベースを削除します。

「すべてチェックする」でチェックしたものを「削除」します。

次にインポートタブを開き、
ローカル(自分のPC)に保存していた.sqlファイルをアップロードします。

ファイルの文字セットはutf-8。

 

.sqlファイルを選択できたら実行ボタンを押す。

 

「インポートは正常に終了しました」と出れば成功です。

以上でロリポップからエックスサーバーへのデータベースの移動は終わりました。

次はファイルの移動です。

【ファイルのダウンロード】

まず、ロリポップのファイルをFTPソフトを使って
自分のPC(ローカル)にダウンロードします。

 

デスクトップ上に分かりやすいフォルダを作っておくと便利。

 

FileZillaでロリポップに接続します。
(FileZillaの設定方法はエックスサーバーのFileZilla設定手順参照)

 

管理人の場合は以下のように設定しました。

ホスト(H):FTPSサーバー
プロトコル(T):FTP-ファイル転送プロトコル
暗号化(E):明示的なFTP over TLS が必要
ログオンの種類(L):任意で選択(管理人は安全のためパスワード設定)
ユーザー(U):FTP・WebDAVアカウント
パスワード(W):FTP・WebDAVパスワードテスト

これらの情報はロリポップのサーバー情報を確認してください。
ロリポップ!ユーザー専用ページの「アカウント情報」で確認できます。

転送モード:パッシブ

イロイロ設定を変えてもつながらない場合は、ロリポップのFTPアクセス制限を確認します。

ロリポップの「ユーザー専用ページ」から「WEBツール」→「FTPアクセス制限」で確認。
設定済みのIPアドレスが↓の青でくくった「現在の接続元IPアドレス~」のアドレスと違っていたら、青でくくった所のアドレスに書き換えます。

接続出来たでしょうか?

 

接続できたらファイルのダウンロードに進みます。

 

 

 

FileZillaでロリポップに接続します。
左はローカル(自分のPC)。右は接続先(ロリポップ)です。
右のロリポップで該当のドメインを選択し、中のすべてのファイル(ctrlを押しながらすべて選択)を先ほどPCに作ったファイルにドラッグ&ドロップ。

 

記事数によっては時間がかかります。

 

 

【ファイルの書き換え】

書き換え方もイロイロありますが、管理人の場合は以下のように書き替えました。この辺りは人によって書き換えやすい方法があると思います。

デスクトップ上にエックスサーバーの.htaccessとwp-config.phpを入れるフォルダを作る

デスクトップ上に、分かりやすい名前を付けたフォルダを作ります。

「エックスサーバーの.htaccessとwp-config.php」というフォルダを作りました。

 

 

FileZillaでエックスサーバーに接続して

該当ドメインを選択後、public_html以下に.htaccessとwp-config.phpをデスクトップ上に作った「エックスサーバーの.htaccessとwp-config.php」の中にドラック&ドロップします。

 

.taccessを書きかえる

先ほどローカルに保存したロリポップのファイル郡の中の「ロリポップの.htaccess」の先頭に、エックスサーバーの.htaccessの全ての記述をペーストします。(TeraPadで開いて書き換えます)


もしも「#BEGIN Lolipop~」で始まり、「#END Lolipop」で終わる記述があれば削除しておきます。

最後に上書き保存。

書き換えたものを「エックスサーバーへ」フォルダに保存。

wp-config.phpを書きかえる

ロリポップのwp-congfig.phpに、エックスサーバーの情報を上書きします。(TeraPad使用)
この時、TeraPadを使います。
データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名をメモしたものに書き換えてください。
(エックスサーバーのwp-config.phpを利用してコピー&ペーストすると簡単)

上書き保存。

 

 

 

【ファイルのアップロード】

いよいよ最後です。

PCに保存したロリポップのファイルをエックスサーバーにアップロードします。

FileZillaでエックスサーバーに接続。

エックスサーバーの該当ドメインのpublic_html以下に「default_page.png」というファイルというファイルがあると思いますので、それを削除。

万が一「index.html」があれば削除。でもエックスサーバーでWordPressを自動インストールした時にindex.htmlは消えているので、通常は「default_page.png」のみの削除。

(※index.phpは削除しないでください)

 

次に、FileZilla左画面で、PCに保存していた「ロリポップのファイル」フォルダを開き、中のロリポップのファイルをエックスサーバーの該当ドメインのpublic_html以下に移します。
(ドラッグ&ドロップ。どこにドロップしたらいいか気になる人は、エックスサーバー側を下までスクロールして余白部分にドロップ。この時、管理人は.htaccessとwp-config.php以外をドラッグ&ドロップしました。どうせ後で上書きするので全て移しても、どっちでもOK)

(↑画像では一部のフォルダが選択されていませんが気にしないでください)

 

「対象のファイルは既に存在しています」の画面が出たら「上書き」と「常にこの動作を利用」にチェックをつけてOKボタンを押します。

アップロードにはファイル数によっては数十分かかることも。

 

 

要は自分に分かりやすいように書き換えればいいので参考まで。

【動作確認】

正しくサーバー移行できたかどうかの確認をします。

今の時点で該当ドメインのブログを表示すると、ロリポップの方のブログが表示されますので、次の2つの方法でエックスサーバーに移した方のブログを確認します。

動作確認URLを利用しての方法

エックスサーバーのサーバーパネル→ドメイン→「動作確認URL」へ。

 

「動作確認URL設定の追加」タブを開き、動作確認をしたいドメインを選択。


反映されるまで最大1時間程度の時間がかかります。

しばらく経つと「動作確認URL設定の一覧」タブで、該当ドメインの動作確認アドレスを確認できます。

反映される前にアクセスしてしまうと「無効なプログラムです」という画面になったります。

十分時間を置いたのにおかしい場合は「履歴の削除」後にもう一度試してください。

この方法は、WordPressは正確に確認できないとのこと。必ず、次のhostsファイルを編集しての動作確認をします。

hostsファイルを編集して動作確認する方法

エックスサーバーのサーバーパネル→アカウント→サーバー情報へ進む。
表示されているIPアドレスをメモ。


PCのhostsファイルを「管理者として実行」で開く。(右クリック)

ファイルを開く。

「 C:\Windows\System32\Drivers\etc\hosts 」を検索。
OS(c:)→Windows→System32→Drivers→etc→hostsでも検索可能。

 

ファイルを開いたら、一番下の行に次の記述を加えます。

 

「先ほどエックスサーバーでメモったIPアドレス」半角スペース「ドメイン」です。

xxx.xxx.xxx.xxx ★★★★★.com のように書いてください。

IPアドレスとドメイン名の間にだけ半角スペースを入れます。

上書き保存します。

(セキュリティソフトが作動したら許可。また、hostsファイルの編集・保存時に、間違ってhostsファイルを複数作ってしまったりしない様注意。)

 

再起動してから該当ドメインを表示させます。TOPページだけでなく、すべてのページを確認します。

 

 

 

動作確認が済んだら今の記述を消して、また上書き保存して元の状態に戻します

(サーバー接続確立エラーや、404エラーが出ることも何度も有りましたが、その場合はエックスサーバーで該当のドメインの初期化から全てやり直しました)

 

【ネームサーバーの変更】

動作確認で問題が無ければネームサーバーを変更します。

ムームードメインの場合は、ドメイン管理→ドメイン操作→ネームサーバー設定変更に進み、該当ドメインの「ネームサーバー設定変更」ボタンをクリック。

「GMOぺポパ以外のネームサーバを使用する」にチェックを入れ、エックスサーバーのネームサーバに書き換えます。

ネームサーバー変更後は、新しいサーバーの方のブログが表示されたり、旧サーバーの方のブログが表示されたり、スマホとPCで新旧別のブログが表示されたりします。完全に切り替わるまでは結構な時間がかかりますのでご注意ください。管理人は3回のサーバー移行しましたが、長くても2日半で完全に切り替わった事を確認しました。これは一例です。

 

まとめ

何百時間もかけたのに失敗を繰り返したサーバー移行でしたが、一度成功するとその後は4回連続で成功しました。

どんな方法でも、コツをつかめば出来てしまうのでしょうけれど、自分に合った方法が一番だと思います。

 

 

 

サーバー移行が終ったあとにする事

【切り替えが完全に終わる前にしても良い事】

●メールアドレスの変更
同じメールアドレスでエックスサーバーに登録します。こちらも登録後、ロリポップに届いたり、エックスサーバーに届いたりしますので、完全に切り替わるまで時間を確保しておきます。4回サーバー移行して思ったのですが、4回とも、管理人の場合に限っては、エックスサーバーのメール設定が完全に反映された時点でネームサーバーの切り替えも終わっているようでした。
エックスサーバーのWEBメールに関してですが、設定後、画面にログインできなかったりする時期がありました。
「ホスト接続に失敗しました」とか、「IMAPサーバーへの接続に失敗しました」などとなる事もありましたが、そのうちしっかりメールを利用できるようになりました。

 

 

【切り替えが完全に終わった後にする事】

●必要であればPHP.Verの変更(最新の推奨のものに)

●削除したプラグインの入れ直し(管理人は切り替えが終る前に新旧両方にプラグインを入れなおしました。その際、新しい方に入れたつもりのが、以前の方に入っていたり、その逆もありました)

●必要であればSSL化
関連記事

偶然かもしれないけれど、SSL化で検索順位が上がりました。
全然期待していなかったのですが、SSL化したら突然検索順位が上がりました。 SSL化後、検索順位第3位に このブログは2017年4月に入ってから、ロリポップからエックスサーバーにサーバー移転(移行)して、その後すぐにSSL化しま...

●ロリポップの削除はしばらく保留

追記

●wp-config.phpのテーブルの接頭辞を書き換える作業は、今回の方法では必要ありません。
(ロリポップのwp-config.phpを書き換えてエックスサーバーに上書きしているため、ロリポップの接頭辞になっています)

●ファイルのダウンロード、アップロードで「転送に失敗」した場合は、それが画像のファイルの場合は移行後でもアップロードし直せば3回とも問題ありませんでした。(管理人の場合)