マイルールだから続く。自由度の高い【ルーズリーフ家計簿】

自由度の高いルーズリーフなら、面倒くさがりさんとってはノールール、几帳面さんならマイルールで管理が出来て、家計簿がとっても楽しくなるかもしれません。

今回は、家計簿歴15年の管理人が一番おすすめする【ルーズリーフ家計簿】を紹介します。
note-791385_640

面倒くさがりで何も続かないのに、家計簿だけは15年以上も続いている管理人。市販の家計簿やアプリも試しました。どれもすごく良いものでした。

でも結局、ルーズリーフに手書きが一番続いています

スポンサーリンク



続かない家計簿にはルールが多い

面倒くさがりな人が家計簿が続かない理由は、ルールに従うのが苦手なのかも?几帳面な人が家計簿が続かないのは、完璧を求めているからかも

項目が多すぎたり、逆に少なすぎたり、特定の月だけ書く所が足りなかったりして、どうしようか考えているうちに面倒くさくなる。

またある時は、「なんでこの枠に書かなきゃいけないんだろう」と、よく分からない疑問が湧く自由人も。

483e41dcb9281d8b953f532d8d46638d_s

几帳面な人の場合は、その家計簿のルールに従ってきっちり付けようとしてストレスになっているかも?

または、完璧を求める人は「この行いらないのにな」とか「ここの幅、もうちょっと広かったらいいのにな」など、自分にとっての改善点を見つけることが多いのかも。

自分にとって不要なページがあったり、自分にとっていらない情報があったり、項目が少なすぎたり・・・

シンプルでいいのもあるけど、それなら家にあるノートでもOKだな。

そんな人には自由にカスタム出来るルーズリーフが一番おすすめ!

なぜ、ノートじゃなくてルーズリーフなのか

notebook-1587525_640

ノートに手書きもいいけど、ルーズリーフなら、不要になったページを取り外したり、付け加えるのも簡単。抜き差しが自由。

正確さを求める人、完璧を求める人にとっても、書きなおしたいページをリフレッシュしたり、ページの前後を入れかえる事もできます。

また、毎月、毎年、必要な枚数で終わることが出来て、無駄がないのです。

ルーズリーフならバインダーに好きなタイプの用紙を組み合わせることが出来ます。
どんどん凝ってカスタムする事も出来るし、逆にシンプルにも作れるんです。

ルーズリーフ家計簿のデメリット

●バインダーからページが落ちてばらばらになってしまう事がある

1枚1枚バラバラに出来るのは、付け足したり減らしたりできるという事でメリットにもなります。

(バインダーから落ちなくても、穴の部分が劣化するので補強シールも上手に利用したいところ)

自分流ルーズルーフ家計簿の付け方(管理人の場合)

すごく単純な付け方です。

ここでは管理人が実際に続いているルーズリーフ家計簿の付け方を紹介します。

必要な物

●バインダー
年の初め、まだルーズリーフをたくさん挟んでいない1月、2月は、安いバインダーだと、書いている時にバインダーが閉じてしまうので、できればしっかり開いたままでいてくれるタイプが良いです。
管理人はコクヨの定番ル-372を使っています。金属のとじ具のタイプ。最近はプラスティックでも耐久性のある物が出ていますが、個人的に重たくてもやっぱり金属が良いなと思います。

たとえば・・・一例ですから、じっくり探してください。

コクヨ キャンパスバインダー B5 26穴 ミドル 緑 ル-372GZ

新品価格
¥545から
(2017/4/9 20:09時点)


この商品、色は赤、緑、青があります)

ルーズリーフで家計簿を付けるなら、バインダーだけは使いやすいものをおすすめします。

●普通のルーズリーフ
どんなものか分かりやすいように載せていますが管理人は主に100円ショップで買っています。

これは、なんとなく字が上手く書きやすいルーズリーフだと思います。個人差あり。

コクヨ キャンパス ルーズリーフ しっかり書ける B5 B罫 100枚 ノ-S836BT

新品価格
¥166から
(2017/4/9 20:12時点)



●金銭出納帳タイプのルーズリーフ

管理人は100円ショップで売っている出納帳のルーズリーフを使っています。
dsc_4065

●インデックスシール
こちらも、どんなものかわかるように載せています。

コクヨ タックインデックス 紙ラベル 中23x29mm 120片 青 タ-21B

新品価格
¥68から
(2017/4/9 20:13時点)


●年間カレンダー

何月にどんな出費が有るのかをメモしておきます。

(あとで無料ダウンロード先をご紹介)

金銭出納帳ルーズリーフと普通のルーズリーフのダブル使いでメリハリ

普通のルーズリーフを月ごとのトップページに1枚づつ挟みます。

これは毎月の見開きのページになります。

例えばこんな感じ。(実際は手書きです)
kakeibo2

↑この見開きのページに、あらかじめその月の予定や決まった出費などを書いたりもしています。

裏には電気代、水道代、ガス代、カード払いの控え、その他その月の家計に関わるものを貼っています。
ここでビニールのポケット型ルーズリーフを使うともっと便利かもしれませんが、管理人は面倒なのでテープで貼っちゃう派。

dsc_4066

実際に家計簿を付けるページには金銭出納帳タイプのルーズリーフを使っています。

例えばこんな感じ。(実際は手書きです)

ルーズリーフなので、抜き差ししている時に落ちたりした場合のために、必ず一枚ごとに何年・何月・何ページ目かを書いておきます。
kakeibo

1年経ったら大きなファイルに移す

管理人の場合、1月から12月までの1年分をバインダーから抜き取って、好きな年数分が入る大きなファイルに移しています。
家庭によって保存年数は違うと思いますし、バインダー事毎年変える人もいるのだと思います。

(↓3年分入る大きさの二つ穴のバインダーに保存しています。管理人の場合、家計簿は3年分保存したいので)

dsc_4069

でも、普段家計簿を付けているバインダー自体、1年で劣化しますので、1年ごとにバインダーを買い替えるのがいいかもしれません。

自分流家計簿に、あると便利【無料ダウンロードの年間カレンダー】

自分流だから足りないモノだけプラス。

無料でダウンロードできる年間カレンダーをプリントして、自分の好きなところに貼るなり挟むなりすると完璧。

1年間のお金の流れを意識して、先の出費を予測。

間違えてもまたプリントして使えるので便利!

おすすめは「ちびむすカレンダー」。

シンプル!月間カレンダー等イロイロ種類があります。

chibimususan-calender

年間の予定を書きこむのも良いですが
年間払いの保険、NHK受信料、おとし玉、学費の支払い、車検、自動車税、誕生日など、大まかな出費の時期が分かっているものをメモ!

1年間使うのでクリアポケットに入れて該当月に移動したり、一番前のページや後ろのページに挟んでおくと便利。

【ちびむすカレンダー】
http://happylilac.net/calendar.html

まとめ

家計簿ってよく考えると、とってもシンプル。

結局自分に合った付け方をすれば続きそうです。

管理人の家計簿はいたって普通。

「私だったらこんなふうに付ける」
「もっと、こうしたらいいんじゃない?」

など、いいアイデアが思いついたんじゃないでしょうか。

そんな人はルーズリーフ家計簿が向いてそうです。

追記:1年たったら1年分の集計をしています。
食費、雑費、日用品費など、項目別に1年の平均値を出したいからです。
3年分の記録が出れば、毎月いくら必要なのか、毎年いくら必要なのかが、ほぼ分かります。





スポンサーリンク
スポンサーリンク