化粧すると角質が目立ってカサカサに見える肌の「個人的な解決策」

ファンデーションを付けた途端、顔の皮がむけたようになる(角質が目立つ)。

みるみるヒビ割れたようになって砂漠のような状態に毛羽立ち、カサカサ・パリパリ。

すっぴんの方がマシという肌の個人的な解決策を書きました。個人的にある程度は目立たなくなります。ただし、応急措置的な対策なので一時的で、根本的な解決策ではありません。

(この記事は、1つ前のファンデの記事からクレンジングバームの内容だけ切り取って内容を追加し再編集した記事です)

根本的な対策と平行して

通常、お肌のターンオーバーを正常にして古い角質が顔に無い状態を維持することが大切。

”健康的な生活”の一言ですが、この道のりが長く険しいことは誰もが知っています。

 

・バランスの取れた食事

関連記事

「バランスの取れた、一日の食事例」を再現してみました
農林水産省のHPにある「バランスの取れた、一日の食事例」の写真が気になったので再現してみました。 なんだかんだ、おろそかになってしまう栄養バランス。 毎日の食事で栄養のバランスが取れているか気になったら、ときには国の指針を参考に...

・質の高い睡眠

関連記事

寝始め3時間の睡眠が自律神経を整えて美容にいい唾液を出す
睡眠不足による ”睡眠負債“ が叫ばれる中、みなさんは内容の濃い睡眠が摂れているでしょうか。 じつは質の高い睡眠を摂る事は、長く寝ることよりも大切なのだとか。 脳や体を修復し自律神経も整えてくれる睡眠は、美容に良い成分も分泌して...

・適度な運動

 

分かってはいる事ですが、みなさん自分なりに健康的な生活を送る努力はしているわけです。健康的な生活を続ける中でも、今日、明日のお肌の状態をなんとかしたい。

という事で、管理人の場合は緊急対応として、応急措置的ではありますが、せめて角質めくれの砂漠状態が目立たないように対策をしています。

 

ケアしながら応急措置

毎日できる日常ケアと、カサカサ隠し措置で、肌のターンオーバーが正常になるまでの緊急対応をしています。

 シリコン系プライマー+プレストパウダー

化粧下地にもイロイロありますが、肌の凸凹やシワなどを隠す目的で、シリコン入りのプライマータイプがありますが、それで一時的に取り切れていない古い角質を埋めます。

 

右半分にだけ塗り広げました。

キレイに埋まっています。

 

 

ここにフワフワのパフでプレストパウダーを丁寧にごく薄く乗せます。

ごく薄くがポイントです。

小刻みにポンポンと載せました。

ある程度の凸凹は目立ちません。

必要なら日焼け止めは下地の前に塗っています。

 

【プライマーとクリームファンデを混ぜて使用してみました。】
肌をなめらかに見せてくれるプライマー。下地とファンデを混ぜて使う方法がありますが、管理人は毛穴を埋めてくれるタイプのプライマーとファンデを混ぜたことがありませんでした。今回プライマーに混ぜたのは1つ前の記事で紹介している24cosmeの24h cosme プレミアム カバー&エアリィ ファンデーションです。

ここでは分かりやすいように多めに作っていますが、実際は指先にちょんと乗る程度しか使いません。

手で混ぜるので、製品化した商品のようにキレイには混ざりませんが、肌への乗り方はまぁまぁです。

これは手の甲です。角質のある顔の場合だとあまり上手くのらず、さきほどのプライマー+プレストパウダーの方がはるかに良かったです。

 

どちらにしても、シリコン系の製品は落とすのに負担がかかるため、あまり長い期間の使用はおすすめしません。

ピーリング

角質や汚れ、洗顔後の余分な成分などをポロポロピーリングで優しく除去。

男性にもおすすめのピーリングは安くて実力派の定番を
メイク落とし、洗顔でも落ちにくい3大不要物「角質」「角栓」「皮脂汚れ」。 通常のピーリングは肌に負担がかかるため、数日に1回とか1週間に数回程度のケアが多いようです。男性では「ピーリングなんて今まで一度もしたことが無い」と言う人がほと...

クレンジング

メイクはしっかり落としたいけど、オイルが苦手という場合にクレンジングバームと言う選択があります。ここではクレンジングバームの中でも管理人が特に気に入っているスターオブザカラーのクレンジングバームでメイク落ちを試しています。実は、クレンジングと洗顔の種類によっては、先ほどのぽろぽろ系ピーリングジェルが顔の毛や角質にまとわりついて取れにくい時があるんですが、このクレンジングバームだと、ピーリングした時に、結構スッキリ落ちてくれます。個人差な使用感です。

↓手の甲に手っ取り早くファンデーションを塗って、色んなメイクをしました。
上から口紅、グロス、アイライン(筆)、眉マスカラ、アイブロウ(ペンシル)

 

クレンジングバームをさっと乗せます。

 

指である程度なじませてから、ティッシュでオフしました。

結構落ちます。↑赤くなってないです。キツくこすっていないからです。

※このタイプの製品の本来の使い方は、なじませてメイクが浮いた後に少量の水で乳化させます。

クレンジングバームやクレンジングバターのような製品は、洗い流した後のうるおいがかなり強いので(水でしっかり乳化させればスッキリ)、ニキビの人には個人的にあまりおすすめしませんが、ピーリングとの組み合わせでかなりスッキリして、個人的には今現在のベストです。管理人の肌は乾燥肌だけど、角質がのこりやすい肌なので、この組み合わせがぴったりなようです。とは言え、乾燥肌だと思っていた人の中には、角質が邪魔して保湿成分が肌に浸透しないという原因の場合もあるため、自分の肌の状態を見極める必要がありますね。

【クレンジングバームならこんな製品】
クレンジングバームは成分が気になるところですが、おそらく成分がかなりシンプルなタイプに入るのが 知る人ぞ知るSTAR OF THE COLOR(スター★オブ ザ カラー)のクレンジングバーム。2017.10現在無料サンプルがありました。いつも無料かどうかは知りませんが、公式ページから探してください。なんと、ノンキャリーオーバー!

STAR OF THE COLOR クレンジングバームの公式ページ
敏感肌用クレンジング

ちなみに、肌がカサカサしにくいおすすめのファンデは24hcosmeのミネラルクリームファンデです。

まとめ

化粧すると突然肌がカサカサしてパリパリに割れた砂漠状態に。古い角質が原因なので、生活を見直す必要がありますが時間がかかります。ノーメイクはちょっと怖いし。
それならばと応急処置で毎日の角質ケアに加えて肌の凸凹を隠す下地とパウダーで角質めくれが目立たない肌に見せている、でも根本的な対策ではないので、この方法ばかり続けるつもりはありません。という話でした。

皆さんの肌のターンオーバーが早く正常に戻りますように。

この記事を書いた人
ジム・フリー

ちょっとだけ困難な山を越えてきました。今やっと原点にかえって人生再建中。バランスを取り戻しています。

ジム・フリーをフォローする
おすすめ記事&広告
スキンケアのバランス
スポンサーリンク
ジム・フリーをフォローする
Jim Free’s blog