話題のセサミンは肝臓の健康におすすめ

ゴマの成分セサミンは、抗酸化作用が高く肝臓の健康にもおすすめです。
8b8ba6294b70aab907a55a336f611a40_s

スポンサーリンク

肝臓に直接届くセサミン

セサミンの健康効果は何といっても「肝臓の働きを助けてくれる」ということ。

セサミンの様々な効果のお話しの前に、非常に重要な臓器である「肝臓」の働きに触れておかなくてはいけません。

肝臓の働き

沈黙の臓器と言われる肝臓(liver)は。胃の横あたりに位置し、大人では1㎏以上ある大きな臓器で、血管を通して全身とつながっています。
liver
●肝臓の主な働き
1. 代謝 : 食べたものなどをエネルギーにする
2. 解毒 : 老廃物などの有害な物質を分解する
3. 胆汁をつくる : 主に脂肪の消化吸収を助ける「胆汁」をつくる

肝臓が悪いとどうなるの?

肝臓の機能が低下すると、これら「代謝」「解毒」「胆汁をつくる」などの働きに支障がでます。それぞれの働きを簡単に書きました。

代謝:代謝にも種類があります。生命を維持するための基礎代謝(何もしていなくても体温や呼吸、内臓の動きなどを維持する必要があるため基礎代謝は大切)、活動するための代謝(基礎代謝に加えて歩いたり考えたり活動するための代謝も大切)、食べたものの代謝(食べたものをエネルギーに変える代謝)など、代謝がどれほど大切かが理解できます。

解毒:解毒というのは、体にとって有害な物質を尿「など」にして排泄することですが、この解毒がうまくいかないと体に悪いものがたまりっぱなしになります。解毒しきれなかったものがアレルギーの原因になることも。

胆汁を作る:主に脂肪などの消化吸収を助けてくれる胆汁を作る

いかがでしょうか。肝臓がとても大切な臓器であることがわかります。

セサミンの効果

ゴマの成分セサミンは、この大切な肝臓をケアしてくれる物質!

でも、なぜセサミンが肝臓をケアできるのでしょうか。

【セサミンとは】
ゴマにはゴマリグナンという抗酸化物質が含まれています。
(抗酸化物質とは、体を酸化させたり老化させたりする活性酸素に対抗する物質で、アンチエイジング効果として名が知られています)

ゴマグリナンには、リグナンという成分が入っており、そのリグナンには主に「セサミン」、セサモリン、セミノールという種類があります。

そしてこの3種類の中で一番多く含まれるのがセサミンなんですね。とは言ってもゴマの中のわずか1%にも満たない大変貴重な成分。

そしてここからが重要!
セサミンは、数ある抗酸化物質の中でも特別で、なんと肝臓まで直接届いて働くんです!

肝臓まで届く抗酸化物質は大変少なく、セサミンはその少ない抗酸化物質の一つです。

セサミンはその性質上胃腸では分解されず、肝臓へつながる静脈まで届いて肝臓に作用して肝臓で活性酸素と戦い、肝臓の機能である代謝、解毒などの作用も高めてくれます。肌荒れなどは内臓が弱っているサインとも言われますが、体内の毒素をデトックスできれば美肌にもつながります。
01fcf289a1e1833002e41868d8d488ff_s
また善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らしガンの原因のひとつともいわれる過酸化脂質をその抗酸化作用で防いでくれます。(体内の不飽和脂質が酸化することで過酸化脂質が発生)

セサミンEXを選んだ理由

さて、セサミンのサプリメントはたくさんありますが管理人が選んだのはセサミンEX。
untitled

その理由はセサミン以外の他の成分です。

これだけセサミンの効果をお話ししたのに他の成分(笑)で申し訳ないのですが、セサミンEXにはセサミン以外に

→玄米ポリフェノールを凝縮した成分 ” オリザプラス “
→スーパービタミン ” トコトリエノール “

が含まれているんです。

オリザプラスは、玄米に含まれるポリフェノールを凝縮した成分でサントリーが開発したものですか、自律神経を整える働きがあるとのこと。

ポリフェノールということで、こちらもセサミンと同じく抗酸化物質です。

トコトリエノールはビタミンEです。ビタミンEには大きく分けてトコトリエノール類とトコフェロール類がありますがトコトリエノール類のほうがトコフェロールの何十倍ものパワーがあり、スーパーポリフェノールと呼ばれているんですね。

そしてセサミンが肝臓で働くのに対してビタミンEは細胞と血管で働くというのです。
動脈硬化に効果があると聞くビタミンE。それは血中ののコレステロールによる酸化から血管などを守ってくれるから。では動脈硬化が原因の一つである心筋梗塞や脳梗塞の予防にもなることに・・・

サントリーでは、日頃から疲労を感じている40歳以上を対象に、ゴマの抗酸化成分「セサミン」と自律神経を整える玄米ポリフェノールを凝縮した「オリザプラス」との組み合わせによる疲労感の改善試験を実施。その結果、「セサミン」だけを摂取するよりも、「セサミン」と「オリザプラス」を一緒に摂取した方が、疲労感の改善効果が高まることを実証しました。
(引用元:サントリー健康情報レポートよりhttp://health.suntory.co.jp/rouka/09/)

セサミンEX 全成分

■原材料名
米胚芽油、セサミン、ゼラチン、ビタミンE、グリセリン、トコトリエノール
(原材料名は原則多い順に記載されています)

■栄養成分:【3粒(1.11g)あたり】
セサミン/10mg、ビタミンE/55mg、トコトリエノール/2mg
熱量/7.42kcal、たんぱく質/0.35g、脂質/0.63g、炭水化物/0.03~0.15g、
ナトリウム/0~6mg、カリウム/1mg 未満、リン/1mg未満

まとめ

セサミンは肝臓に直接届いて抗酸化作用を発揮する数少ない抗酸化物質。肝臓のケアをする事で体内の有害物質を減らす手助けになり、万病のもとである活性酸素を減らす作用が期待できます。

セサミンEXはセサミン以外の抗酸化物質との相乗効果が期待できます。

個人的には規定の量の半分しかとらないし、長期間同じサプリメントは摂りませんが、毎日の健康的な生活に少し取り入れています。

 

この記事の担当者
ジム・フリー

ちょっとだけ困難な山を越えてきました。今やっと原点にかえって人生再建中。バランスを取り戻しています。

ジム・フリーをフォローする
おすすめ記事&広告
健康
スポンサーリンク
ジム・フリーをフォローする
Jim Free’s blog

コメント