ビタミンC誘導体の次は生命体?高いけど使いたい美容液

旧ブログで「ビタミンC生命体」について絶賛していたのに、新ブログに書くのがずいぶん遅くなってしまいました。ビタミンC生命体と言えば「リソウのリペアジェル」です。

高いけど使いたい美容液。愛すべきリソウのリペアジェル

はじめにお伝えしたいのが、
こんなにずっと使い続けたいと思える商品って、本当に数少ないということです。

値段を見ると高い!と思ってしまうのですが、はっきり言ってこの品質でこの価格?と感動モノのコスパ。

リペアジェル本体32ml 通常価格15,000円 税込み16,200円
(キャンペーン時に買うとお得)
(楽天市場通常価格は税込み13,932円。公式サイトだと会員割引+αがあるキャンペーンがあります)

 

もちろん、もっと高い美容液はいくらでもあります。でも管理人の生活レベルから考えると信じられないくらい高価な買い物なんです。

そんな理由もあって管理人はこのリペアジェル本体を3か月持たせています。(通常は2か月分。管理人も個人的に冬は2か月で使い切ります追記:2015年は2か月で使い切りましたが、2016年9月に開けた分が11月20日現在まだ残っています。コスパすごいです)お肌の調子はすこぶるよろしく、今後もお金のある時だけ買い足す予定。管理にはメイク落とし→洗顔→リペアジェル で、冬以外はこの3点以外のみのスキンケア。

そう、個人的に、冬以外、基礎化粧品はリペアジェルだけなんです。

基礎化粧品以外では安いピーリング程度です。
(安くて優秀なピーリングについては「男性にもおすすめのピーリングは安くて実力派の定番を」の記事に書きました)

リペアジェルはズバリ高価な美容液ですが、効果の割りには安いと言える美容液。ビタミンC生命体の入ったエイジングケア美容液です。

それにしてもビタミンC生命体って誘導体と何が違うのでしょうか。

 

 

リペアジェルの成分ビタミンC生命体とは

リペアジェルは医療専門誌でも紹介されるほど注目の美容液。
多くの美容専門家も絶賛するリペアジェル。
何がそんなに注目されるのでしょうか。

リペアジェルの特徴はビタミンC生命体アミノ酸生命体
いずれもリソウコーポレーションが開発した新成分です。

 

「ビタミンC生命体」とビタミンC誘導体の違い

「え?ビタミンC誘導体じゃないの?」

はじめてビタミンC生命体という言葉を聞いたとき湧いた疑問。。。
ビタミンC誘導体は、アスコルビン酸(ビタミンC)に他の物質を結合するという方法で化学的に安定化させたものなんだそうです。

そのためビタミンCの作用以外に、他の物質の作用も交じってしまうため、多くのビタミンC誘導体は、ビタミンCの純粋な効果を得るのがむずかしいそうです。

 

ではビタミンC生命体はというと

ビタミンC生命体は、純粋なビタミンCを維持したまま、肌に浸透しやすいように安定化することに成功した新成分。L-アスコルビン酸の状態で長期安定に成功した成分だそうです。

bowl-of-berries-895742_640
出来ればビタミンCのいい所をそのまま取り入れたいので、純粋なビタミンCのままというのはうれしいです。

 

一般的に、合成のサプリメントでビタミンを摂るよりも、果物や野菜、もしくは天然由来のサプリメントから摂る方が本来の形のままの栄養を摂ることが出来ます。(病気や体質、または栄養素を多く取るのが目的の場合はその限りでない)
fresh-909373_640

お肌にも天然を与えるのが理想的。

 

もちろん天然の成分でできた化粧品はたくさんあります。

ただ、天然由来で、安心で、しかも変化を実感できるものがとても少ないと思うんです。

 

リペアジェルはたった1回で ” 吸いつくような肌 ” を実感しました。

 

夕方になるとお肌が疲れてくるような方には特におすすめです。潤いが長時間保たれれば外界からの刺激などにも強くなるからです。

 

さて、リペアジェルに入っているもう一つの注目成分「アミノ酸生命体」も気になります。

 

 

リペアジェルに入っているもう一つの注目成分アミノ酸生命体

【アミノ酸生命体】
リソウコーポレーションが、化粧品会社なのにわざわざ農業をして無農薬のお米をつくって、それを原料に薬品なども使わず職人さんが手作業で抽出したアミノ酸、それがアミノ酸生命体。アミノ酸はコラーゲンのもとです。

食べるよりも皮膚からの吸収が体に与える影響が大きい場合もあるため、お肌につける基礎化粧品の質には、食べ物よりも気を遣っている管理人です。
strawberries-862615_640
化学合成したものが全て悪いわけではありません。どうしても治らなかった病気が合成の薬で治ることもあります。ですから他に方法が無ければ合成も使いたいです。

 

ところがリペアジェルは安心成分にもかかわらず想像以上のしっとり感。
その理由は使っていくうちにお肌で理解できました。

ビタミンC生命体と、アミノ酸生命体の相乗効果に秘密があったようです。

コラーゲンを、外から摂るのではなく、自ら作ろうという発想が新しい!

お肌のためにと、コラーゲンをせっせと摂っている人は多いと思います。

管理人も長年、コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)をサプリメントでとっていました。
正直、一定の変化を実感していました。

しかし、食事で食べたモノは、体で最優先の場所に行きつくため(臓器や骨など生きていくのに必要な場所)、お肌に現れるのは最後と言っても過言ではありません。

お肌は本来、内臓を守るための鎧(よろい)ですから、生きていくために体自身が、摂取した栄養をお肌の張りやツヤのために最優先で使用することは無いのかもしれません。

そうした意味で、直接皮膚の外から補うことの大切さが分かります。経皮吸収は時に口から取り入れるよりも影響力があると聞きます。

お肌の張りや弾力に欠かせないコラーゲンを肌に塗りたいのは人間の自然な衝動です。しかしコラーゲンの分子量は非常に大きく、肌の奥深くにそのままの形では届けることが出来ません。

それならば、お肌が自らコラーゲンを作りだせるよう、その材料を浸透させることが重要ではないでしょうか。

そもそもコラーゲンは単純にいうと、アミノ酸が集まってできているそうです。

それならば、良質のアミノ酸を取り入れればいい。

そして、体内でコラーゲンを合成する反応に欠かせないビタミンCも、できれば良質なものを取り入れたいワケです。

リソウのビタミンC生命体と、アミノ酸生命体は、他の物質の力を借りて肌に浸透するのではなく、純粋な美肌成分自体が浸透していきます。

それを個人的に理解できるハプニングがありました。

お肌に必要な物だけ与えたら、ピーリングで落ちる角質の量が減った?

実は、今まで、洗顔の後にピーリングをすると、角質が大量に落ちて、何度ピーリングをしても、果てしなく、底なしに角質が落ちていたんです。

ところが現在、ピーリングをしても、1回でさっぱり感が。

ピーリングをする頻度も減りました。

じゃぁ今まで、不要なものをベタベタと塗りたくっていたのか?と思うくらいです。

リペアジェルだけで物足りない人もいるかもしれません。
それはおそらく、今までたっぷりと栄養を与えてきたからかも?

もちろん、リソウの化粧品にはクリームも有りますし、他の美容液もあります。しかし管理人は現在のところ、冬以外はリペアジェルだけで満足しています。

 

 

管理人が思う”リペアジェルの使用感”

テクスチャーは「こってり」で「はちみつ」のよう。でも肌にのせた後は個人的にはベタベタしません。

肌に乗せると、数秒間暖かさ(グリセリンによる温感)を感じました。ワンプッシュでお顔全体が潤いに満ち溢れます。その後こってり感は、さーっと引いていきます。長時間しっとり。(肌質によって個人差あり)

さっぱりがいい人や夏は、トライアルセットについているリペアウォーターと混ぜて使用してもいい感じです。

 

使い方は洗顔後一番先にリペアジェルです。というか冬以外は個人的にそれだけでOKです。他に何も塗らず、化粧下地とファンデでOKです。びっくり。(下地すら塗らない事が多いですが・・・・)

 

それにしても、何と表現したらいいのでしょうか。
このような成分をせっかく肌に乗せるならできればお肌の汚れは完璧に(やさしく)落としておきたいところです。

(追記:これは個人的な考えなのですが、リペアジェルに限らず、肌と同じ弱酸性の化粧品を使用した場合、もしもお肌の状態がアルカリ性に傾いていたら、おそらくは中和反応でピリピリ刺激を感じるのかもしれないと思っています。しかし弱酸性を取り戻すことが出来れば刺激を感じなくなるかもしれませんが、個人差があると思われます。管理人は結構自分にスパルタなので、このピリピリ感を肌が良くなっているのだと楽しめましたが、通常お肌に異常を感じた場合は使用しないのが懸命です。体質もありますのでお肌と相談して使用したいですね)

(追記:ピリピリ以外に、リペアジェルは熱を感じます。これはリペアジェルの全成分で一番多い”グリセリン”によるものかもしれません。温感のある美容液です。グリセリンは水と混ざると熱を発し(水和熱)、水の量が多いほどその作用は大きいのだそうです。という事は、若干であっても皮膚に刺激があると思われます。管理人的には気に入っています)

 

 

本体は高いですが 8mlのトライアルが1,980円で購入できます。初めから本体を買う人もいるのかもしれませんが、管理人はトライアルセットで始めました。

トライアルセットはDVD付き。
DSC_0015

 

トライアルなのに3000円相当のリペアウォーター(成分は水だけなのにすごい浸透)が付いてます。やっぱりトライアルセットはお得じゃないと買う気がしません。

(リペアジェルは2016年の世界大賞受賞以降数々の賞を受賞中)
DSC_0017

リペアジェルはすぐに本体を買いました。ファンデのトライアルも試して良かったので、普段ライン使いしない管理人ですが次回ファンデの本体も購入予定。

追記:ファンデも購入しました。美容液成分たっぷりにもかかわらず、もたっとしていなくて仕上がりはいい感じです。成分的には普通です。
risoufande3
よく、ファンデーションの褒め言葉に「うす付きでいい」というレビューがありますが、まさにソレですね。ファンデはオークルとピンクがあるんですが、管理人は肌がイエローベースだからオークルかと思いきや、ピンクの方がはだの透明感が出ていい感じです。
トライアルセットでその辺も試せるのがうれしいですね。今はピンクを使っています。

リペアジェルの全成分

全成分グリセリン、アスコルビン酸、リゾプス/コメ発酵エキス液※、グルコシルヘスペリジン、カンゾウ根エキス
※リゾプス/コメ発酵エキス液は、アミノ酸18種類(スレオニン、グルタミン酸、グリシン、シスチン、メチオニン、ロイシン、フェニルアラニン、リシン、アスパラギン酸、セリン、プロリン、アラニン、バリン、イソロイシン、チロシン、ヒスチジン、アルギニン、トリプトファン)を含んだ美容成分。

※石油系合成界面活性剤不使用
※石油系防腐剤不使用
※石油系酸化防止剤不使用
※鉱物油不使用
※動物由来成分不使用
※香料不使用
※着色料不使用

 

成分で一番多いのがグリセリンです。保湿効果が非常に高い事が分かります。乾燥肌の人にはちょうど良くても、もともと潤った肌にはしっとり感がきついかもしれません。

さきほどベタベタしないと言いましたが、これは管理人が乾燥肌であるためです。

 

 

口から入る以上に吸収しやすいお肌に、リペアジェルは個人的におすすめです。

ビタミンC生命体という興味深い成分にひかれて申し込んだリペアジェルのトライアル。リペアジェルはもちろんですが、セットでついていた3000円相当のリペアウォーターの使い勝手が良くて気に入っています。

ファンデのスポンジにスプレーしてファンデを塗ると、水や他の化粧水と使うよりもフィット感UP。赤ちゃんのボディローションとしても使えるそうです。

洗顔後のプレ化粧水としてもおすすめです。

追記 リペアジェルのボトルは真空ボトルです。

メモリも付いています。残量が分かるので次回のお買い物まで計画が立てやすいので、キャンペーンの時に多めに買ったりしています。

 

 

2016.03.20追記:リペアジェルを使い始めてから化粧品の浮気が減って化粧品代が節約できています。個人的にライン使いはしてないので、他を安く済ませています。リペアジェルの効果として初めに実感できるのは、おそらく「しっとり感」ですが、その後出来たシミが大きくなっていない事に気づきました。まだ消えてはいないので、消えるようならまた報告します。いつもならシミは大きくなる一方でレーザー治療を考えますが、リソウのリペアジェルを使い始めてからは大きくなっていません。季節的なものも有るかもしれませんので、夏を超えるまで様子を見ています。

2016.10追記:またまた注文しちゃいました。今年の冬は洗顔とメイク落としも一緒に使ってみます。今はファンデもリソウのファンデを使っています。
dsc_3945

追記:リペアジェルを1年間使った感想はこちらの記事に書きました。
リペアジェルを1年間使用した感想と効果的な使い方




 

まとめ

感動モノの美容液。個人的に、高くても使いたい美容液リペアジェルについてご紹介しました。無駄なモノを配合しない潔さ。あとはお肌自体がその良質な成分を利用して、最大限キレイになってくれることでしょう。

今回は高いけど使いたい美容液、リソウのリペアジェルについてでした。

この記事を書いた人
ジム・フリー

ちょっとだけ困難な山を越えてきました。今やっと原点にかえって人生再建中。バランスを取り戻しています。

ジム・フリーをフォローする
おすすめ記事&広告
スキンケアのバランス
スポンサーリンク
ジム・フリーをフォローする
Jim Free’s blog

コメント