災害時の簡易トイレの作り方・ペットシーツと防臭袋の利用

地震、台風、津波、土砂災害、浸水・・・増え続ける災害は、もはや他人ごとではありません。

今回は実際に使用して助かった、「半」手作り簡易トイレと、有ると絶対助かる防臭袋をご紹介します。おすすめの簡易トイレの情報も載せています。

災害が起こる前に丸1日トイレを使わないで、簡易トイレを試してみることをお勧めします。1日にどのくらいの量の簡易トイレが必要かの目安になります。
city-713775_640

スポンサーリンク



実際に試した簡易トイレの作り方(災害時)

ご想像の通りだと思いますが、ビニール袋の中に新聞紙やトイレットペーパーを入れたものにトイレをするのが簡易トイレの基本です。

管理人は個人的に犬用のペットシーツをビニールの中に入れて使いました。
DSC_2922
新聞紙やトイレットペーパーよりも強力に吸収してくれて、臭いもマシです。

ペットシーツには、もともと防臭効果があって、犬のおしっこ数回分を吸収するものですから、人間にだって使えます。
DSC_2920

成人女性ならペットシーツはレギュラーサイズの厚手タイプ1枚でもOK。

しかし長時間トイレを我慢していた場合は厚手でもレギュラー1枚では足りません。ワイドサイズの厚手が一番おすすめです。

大きめのスーパーの袋の中に新聞紙やペットシーツを入れるだけ。

DSC_2921

使った後はビニール袋を縛って
DSC_2923

防臭・消臭効果のある袋に入れれば完璧です。
DSC_2924

災害時はゴミを捨てられない状態が続きますので、排泄物をどこかに置いておく必要があります。

たとえ寝床から遠い所に置いておいても、いつ来るかわからないゴミ収集の日まで強烈な臭いが襲ってきます。

しかし防臭効果のあるビニールに入れておけばはるかにマシです。

数日なら臭いはほとんどありません。

(注意:ペットシーツを入れる袋に穴が開いていないか確認してからトイレしてください。もしくは袋を2重3重に。最後に防臭袋に入れます)

あると絶対便利!「BOSの防臭袋」と「ペットシーツ」は災害時にも普段にも

簡易トイレにもイロイロなタイプが有ります。
消臭剤を入れる物、固めてしまうもの、吸収パッドで吸収してしまうものなど・・・

いずれにしても防臭・消臭効果のある袋があれば、消臭効果のある簡易トイレが数日たって臭ってきた場合も、さらに防臭袋に入れてしまえば臭いをある程度閉じ込めることが出来ます。

また、またこれらの袋は普段も臭いの強い生ごみを入れるなど、ゴミ袋としても利用できます。車の中に常備しておけば、嘔吐袋にもなります。

キムチなんかを入れて、冷蔵庫内の臭い移り防止にも。

おすすめはBOSの防臭袋!

BOSは、もともと「うんちの臭いを防臭するために作られた袋」なので、うんちを入れても安心!
DSC_2918

菌を漏らさない事は、かなり重要です。
災害時の様々な菌の感染から家族の身を守りましょう!
boss4

箱裏面の表示
DSC_2919

臭いのアンケート結果でも満足度が高いですが、管理人自身も、夏の暑い日の生ごみや、緊急時の大便に関してもベランダに1週間放置しておいて気になりませんでした。
boss3

ただし、真夏は数日のうちに臭ってきますから、日陰に置くことをお勧めしますし、袋を二重にしておきたいです。

BOSおむつが臭わない袋(Sサイズ)

管理人が使っているのはペット用Sサイズですが、これは赤ちゃん用です。

外箱や色は違っても素材は一緒。性能は同じです。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋 Sサイズ 大容量 200枚入り 赤ちゃん用 おむつ 処理袋 【袋カラー:ピンク】

新品価格
¥1,850から
(2017/4/9 05:04時点)


(レギュラーサイズのペットシーツ1枚、赤ちゃんのおむつは1枚入ります)

Sサイズの袋は、人間の通常の量のおしっこ一回分を含んだペットシーツ1枚ならOKですが、大きいほうを処理するならもっと大きいサイズをお勧めします。おなかを下している場合は水分と共に量が多くなります。便の事を考えた場合は後で紹介するBOS非常用トイレセットの方がおすすめです。

ペットシーツにはもともと消臭効果があって、水分をたっぷり吸収してくれますから、防水の為にいろんなところに使えます。

意外に使える!あると便利な ” ペットシーツ “

●例えばカバンやゴミ箱の底に敷く
水分の有る物を持ち歩く時、水分のある生ごみを捨てる時に便利。

●おねしょ対策に
シーツの下に敷いておけば布団に沁みてしまうこともありませんね。

●介護現場でも
カーペットの上やひざの上に敷いて食べこぼし対策にも。

その他、こぼれて困る物の下に敷くなどして使えます。消臭効果もあるため、室内の嫌な臭い対策にも。普段新聞紙で代用するような場所、たとえば雨の日の玄関に敷いてもいいですね。(ペットシーツは裏がツルツルで滑るので必ず滑り止めの上に敷いてください)

防臭袋のBOSの非常用トイレセットが便利!

BOSSの防臭袋は、ペットの大便用を毎日使って効果を実感していましたが、緊急時に自分の尿や便に使用しても、やっぱり効果を実感しました。

しかし自分で穴の開いていないビニール袋に新聞紙やペットシーツを入れてトイレをして、防臭袋に入れて・・・という作業が面倒な場合は

初めから防臭袋メーカーが作っている簡易トイレはいかが?
と言うか、先ほどの防臭袋と同じメーカーに「BOS非常用トイレセット」なる物があります。

>驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット 15回分【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】

価格:2,838円
(2017/4/9 05:09時点)
感想(1件)

↓50回分セットもあります

>驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】 (50回分)

価格:6,480円
(2017/4/9 05:10時点)
感想(0件)

(一例ですので、安いのをご自身で探してください)

先ほど、ペットシーツとビニール袋+消臭効果のある袋での即席簡易トイレの作り方を紹介しましたが、このBOSの非常用トイレセットには吸水シートが付属していて、まさに先ほどの全工程が組み込まれたセットです。

しかもトイレで安心して使えます。
●BOS非常用トイレセットの使い方
boss

●BOSの防臭袋はサイズもバリエーション豊富ですので探して見てください。

最後に

災害時は、信じられないような状況に突然おかれることになります。

それは何の前触れも無く、とつぜん砂漠に1人ぼっちで放置されるような感じです。それに加えて大切な人の身に何かが起こったりするのです。
house-971898_640

普段慣れている行動でさえ災害時はなぜかパニックになり出来ないものです。普段慣れない行動ならばなおさらです。

防災訓練と同じくらい、簡易トイレの練習もしておいて損は有りません。

実際、手作り簡易トイレに関しては、トイレだと便器内に収まるはずの尿が、有り得ない方向に飛んでいったりして大変なんです。

一度練習してみることをお勧めします。

ところで

もうすでに準備されているかもしれませんが、
一週間分の保存食と水、そしてトイレットペーパー、ウェットティッシュ、お風呂に水をためておく、冬なら防寒対策、電池、懐中電灯、モバイルスマホ充電器などなど・・・は準備しているでしょうか。
そして衛生面でもう1つ重要なのが口内ケア!一番菌がたまると言われる口内のケアのために、水を必要としない口内ケアグッズなどの備蓄もお忘れなく!いざというとき水が不要で飲み込んでも安心なオーラルピースという製品は防災グッズに一本いれておくといいと思います。こうした製品、興味のある人はネットで検索してみてください。dsc_4084

あと、以外に役立つのがマスク。お化粧が出来ない状況が続きます。男性はひげをそれなかったり。すっぴん隠しだけでなく、寝顔隠し、なにより感染症予防に!配給していただけるとしても、普段から使い慣れているものだと安心ですよね。いざという時、何か一つでもふだんと同じ物や事に触れることは心を落ち着けてくれる気がします。

また、分かっているよと言われそうですが、災害時はまず頭などを中心に身を守り、火を使っていた場合はすぐに始末、ドアを開けるなど安全な避難経路を確保し、家の中に危険が無く、移動できる状態の場合はブレーカーを落とし、電源コンセントなどを抜くとひとまずは安心ですね。電源を落とした上で余裕があれば水が出る状態ならお風呂に水もためておきたいですね。

最近、災害とは関係無い理由でガスが使えなかったのですが、いただき物のアウトドア用のガスバーナーでお肉を焼きました。生まれて初めての経験ですが、勉強になりました。これからも練習のために時々使用したいと思います。

絶対にまたやって来る大災害。もしも日本全土が被災したら・・・全員が被災したら、各自、自分たちで乗り越えなくてはいけなくなります。避難経路の確認や耐震補強対策など、いろいろと準備しておくに越したことはありません。





スポンサーリンク
スポンサーリンク