寝始め3時間の睡眠が自律神経を整えて美容にいい唾液を出す

睡眠不足による睡眠負債が叫ばれる中、みなさんは内容の濃い睡眠が摂れているでしょうか。実は、質の高い睡眠を摂る事は、長く寝ることよりも大切だとか。とくに寝初め3時間の睡眠はどれほどすばらしいか!また、睡眠には自律神経を整える効果もあるんですね。今回はそんな大事な睡眠についてです。
bed-945881_640

せっかく寝るなら本物の睡眠を

分かってはいるけど規則正しい生活が大事です。睡眠もそう。
なぜ規則正しいことが大切なのかについてうるさく書いてみました。

結局、規則正しい睡眠が大切

寝ている間に疲れた体を休める。当たり前のことですが、管理人はこの睡眠の重要さに気付いていませんでした。
睡眠中には成長ホルモンが細胞の新陳代謝、皮膚や筋肉、骨の形成から内臓の修復までしてくれて、メラトニンという睡眠を誘導してくれる働きもあるホルモンも作ってくれるんです。そしてこれにはすごい抗酸化作用が。

これらの睡眠の一番大切な作業が一番活発なのが寝始めて3時間なんだそうです。

ということは、トイレに起きてしまったりすることはこの3時間だけでも避けたい・・・

もちろんこの3時間だけ寝ればいいと言うわけじゃありませんが、なるべくこの3時間、寝ていたいんですね。

全身をコントロールする自律神経を睡眠で整える

睡眠のもう一つの大切な働きが、自律神経を整えることだそう。

特に何も考えなくても心臓は動いてくれて、体温も保ってくれて、食事を消化してくれますが、これは自律神経のおかげだとか。

自律神経が働いて初めて、無意識に呼吸ができるんだそうです。

自律神経は、自分の意思で動かせない神経(自律した神経)ですが、睡眠を正しくとる事で、自律神経を整える手助けになるというのです

【自律神経】
自律神経には交感神経と副交感神経がある
●交感神経:活動している時や緊張している時の神経(起きている時の神経)
●副交感神経:休んでいる時やリラックスしている時の神経(寝ている時の神経)

どちらの神経も、少しのことで交感神経が優位になったり、副交感神経が優位になったり、入れ代わり立ち代わりバランスをとっています。

交感神経が特に優位になるのは、例えば非常事態の時。この時、大切なものを守ることにすべてを集中させなくてはいけないので、内臓の働きを抑制してでも危機を回避することに全身が集中。
tornado-541911_640

瞳孔が開き、心拍数は上がり、筋肉は硬直。アドレナリンを分泌して痛みを感じないこともあるとか。アドレナリンは意外にも空腹時などにも分泌するもので、火事場の馬鹿力を発揮したりするんですよね。

逆に副交感神経はリラックスした時に優位に。
瞳孔は閉じ、呼吸は深くなって心拍数は下がり、血圧は安定。筋肉は緩み、内臓の機能はUP。休養を取ったり栄養を摂ったりの状態。アドレナリンの代わりに幸せのホルモンとも言われる「セロトニン」が分泌。
dog-237193_640

そして注目すべきは唾液について。
唾液は交感神経が優位だと粘り気のある濃い唾液になり、口が乾燥した状態になります。その結果殺菌成分でもある唾液が少ないことで口臭も発生しやすくなります。

しかし副交感神経が優位だとサラサラした唾液がたくさん出るため、口臭予防に。

しかも唾液がたくさん出ると、話題の成長ホルモンの一種「パロチン」が含まれています。
このパロチンは皮膚、筋肉、目など粘膜を強化して
お肌のターンオーバーも促進してくれるとか!パロチンは美容に良いと話題のホルモン。

睡眠で自律神経を整えれば内臓の機能がUPして美容効果のあるホルモンを分泌出来るなんてびっくりです。

睡眠で自律神経が整うと美容にいい唾液が出る?

自律神経というのは、交感神経と副交感神経のバランスが大切だそうです。

どちらかがずっと優位な状態が続くと、自律神経が乱れる原因に。

私たちははストレスや環境などから交感神経優位になりやすいので定期的に副交感神経の状態も確保したいです。

そこで大切なのは同じ周期で睡眠をとること。

children-sleeping-1015884_640

睡眠は体を修復するだけでなく「脳も同時に回復させる」んだそうですよ。

脳を回復させることで、自律神経も整うそうです。

それは自律神経の中心が、脳の視床下部にあると言われるほど重要なのが脳で、交感神経と副交感神経のコントロールをしているため、脳を休めるといいのだそう。

自律神経が整えば、唾液腺の働きも正常になります。
唾液腺が正常になるとさきほどの美容効果たっぷりの「パロチン」も正しく分泌されるはず。
睡眠はしっかりとりたいですね。

メラトニンを意識した生活

ところで、寝ると言ってもダラダラ長時間寝ればいいと言うわけじゃなさそうです。もちろん、睡眠不足が続けば、睡眠負債がたまり、返済しきれなくなって大変ですが、どうしても時間を確保できないのが現代人。

私たちは寝ている間に脳や体を回復して自律神経を整えて成長ホルモンを分泌し、体を修復するのですがこの働きが一番活発なのが寝初めの3時間。

だから、せめて寝始めてから3時間でも深い眠りをキープしたいんですね。
coffee-690349_640

 

そこで睡眠を促すホルモンのメラトニンが大切になります。

 

メラトニンは、抗酸化作用のあるホルモンで、起きて太陽を浴びてから約15時間後に分泌が始まり(諸説あり)寝る頃に睡眠へと導いてくれるホルモン。

そのメラトニンを分泌する為には、起きたときに日を浴びて、決まった時間に眠ること。

つまり、規則正しい生活をするのが大切なんですね。

 

なんだ、昔から言われている事です。

寝る時にメラトニンが分泌した状態で寝る事で寝てから3時間の重要な時間帯の睡眠の質がUP。

正常な睡眠中にはセロトニンとコルチゾールというホルモンが分泌されて、朝、メラトニンが抑制され、すっきりと目覚める事ができるのだそうです。

そしてまた太陽を浴びて、また寝る時にメラトニンが働いて、と規則正しいリズムができあがる。(セロトニンは覚醒に関わるために目覚めのホルモンと呼ばれますが、実際は神経伝達物質)

01fcf289a1e1833002e41868d8d488ff_s

管理人は20年近く、ありとあらゆる健康法を体験しましたが、結局は規則正しい生活で健康になりました。

ところで、規則正しい生活が大事と言っておきながら何なのですが、
「22時か23時から夜中の2時までのゴールデンタイムに寝ましょう」という話は厳しく守らなくてもいいかもしれません。

重要なのはしっかりと睡眠をとること。起きてすぐ太陽を浴びること、決まった時間に部屋を暗くして寝ることのような気がします。(だからと言って毎日3時間だけ寝ればいいということではありません)

太陽が出てる時間に起きて、暗い時間に寝ることを最低限守れば、少なくとも体のリズムは整うんじゃないか、という話です。
(ゴールデンタイムに関してはいろいろな考え方があります)

現代人は忙しいので、毎日朝7時に起きて23時に寝るなど不可能な方も多いですし、深夜勤務の人も大勢います。
だから出来る限り規則正しい生活を習慣づけることができればと思います。

まとめ

睡眠をとることで自律神経を調節して自律神経に支配されている唾液腺が正常に働く。これを習慣化できればそのうち自律神経が整い、質のいい唾液が多く出て美容にうれしい若返りのホルモン「パロチン」も出て美容にもうれしい。

質の高い睡眠は、日の光を浴びてから約15時間後に睡眠のホルモン、メラトニンが分泌され、寝る体制に入ることで深い睡眠が得られる可能性が高いかもしれません。そして寝初め3時間が大切だけれども、最近言われているアルツハイマーの原因ともいわれる脳のゴミ(アミロイドβ)などを排出するためには出来るだけ長い睡眠が必要なので、理想としては6時間以上の睡眠だそうです。

正常な睡眠が得られるとその内起きる為に日中のストレスに対抗するコルチゾールが分泌。日中も元気に活動できるようです。

ぐっすり寝るれるよう、寝る前には出来るだけ刺激物を避け、食事は早めに済ませたい。もちろん、塩分控えめ。かつ人工甘的な調味料控えめのバランスの良い食事内容で。脳に良い抗酸化物質も忘れずに。(管理人はセサミンを摂っています)

睡眠はアンチエイジング作用たっぷり。睡眠中の成長ホルモンは、細胞の新陳代謝を促し、皮膚、筋肉、骨の形成、内臓の修復などの働きが美肌に導いてくれる。

メラトニンには強い抗酸化作用があるとも言われ、血管を通るホルモンは血液にのって全身に行きわたり、結果的に全身に抗酸化物質を届けてくれるのかもしれません。

自分なりに、これからも規則正しく睡眠を摂りたいですね。

 

 

(余談ですが、自律神経失調症がずっと治らない人の中には、実は慢性上咽頭炎だったというケースもあるようです。のどの奥、鼻の奥の間あたりの炎症が慢性化した状態は、さまざまな体の不調につながるようです。)

道なき道の先を診る 慢性上咽頭炎の再興が日本の医療を変える

新品価格
¥1,620から
(2018/1/20 03:46時点)

おまけ

ちなみにメラトニンの材料になるセロトニンという物質があります。そのセロトニンを作り出すために食べたいのが大豆食品、青魚、乳製品、ナッツ等、必須アミノ酸のトリプトファンを多く含む食材です。メラトニンなどのホルモンはアミノ酸から出来ているそうです。

さらに、このトリプトファンだけでなく、ビタミンB6、マグネシウム、ナイアシンなどがセロトニンを作り出す材料に。ビタミンB6はバナナなどがあげられますが、バナナは生のままでは熟していても消化にそれほど良くないとも言われています。

管理人は個人的に低温殺菌乳の牛乳、熟した冷凍バナナをちょこっと自然解凍したものをミキサーして飲むことがあります。そしてセイロンシナモンをトッピング。(※カシアシナモンは摂りすぎると悪影響)
マグネシウムは海藻やゴマや玄米で摂っています。

自律神経を整える働きを助けるセサミンとオリザプラスについてはこちらに書いていますが、どんなに良いサプリメントも、ほんの適量を取るようにしています。

話題のセサミンの効果は美肌、解毒、体臭ケア?
今話題のセサミンは、その名の通りゴマの成分。なんとなく体に良いイメージですが、実はこのセサミンは健康効果はもちろん、体臭や口臭の改善効果も期待できるんです。今回は体にうれしい「セサミン」についてです。 セサミンと肝臓の関係 セサミン...