にんにくの臭いを減らして糖質代謝に取り入れる

糖質の代謝を助けてくれるビタミンB1がたっぷり含まれている ” にんにく ” 。

たくさん食べたいけれど翌日の臭いが気になります。しかしあんなにおいしいものをダイエットに取り入れない手はありません。せっかくなので臭いを減らす方法も調べてみました。
garlic-498634_640

ところで、にんにく以外にも、ビタミンB1が多く含まれる食べ物はたくさんあります。

豚肉、かつお、などなど実際、バランスよく食べていれば口にすることの多いビタミンB1。
その他にもビール酵母や玄米にもビタミンB1は多く含まれています。

さて、ビタミンB1を多く含む食べ物から、今回は「にんにく」を取り上げるのですが、にんにくは言わずと知れた臭う食べ物。あのにおいが美味しさでもあります。

一方でスタミナ素材としても知られています。にんにくがスタミナ素材といわれるのはなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク



ニンニクのにおいとスタミナの秘密

おいしいけれど臭うニンニク。

にんにくのにおいの成分の正体は、アリシンという物質です。このアリシンは、にんにくの薬効成分アイリンが変化したもの。

ニンニクをつぶしたりすることでアイリンが「アリシン」に変化。アリシンは、ビタミンB1と結合して「アリチアミン」という血液中に長くとどまる物質になります。

そしてこのアリアチアミンは、熱にも強いため、効果がさらに持続します。

だから臭いも長時間続きますし、長時間体にとどまって補酵素として働いてくれるため、スタミナが付くと言われているようです。

ニンニクの臭いを軽減させる方法

ニンニクの臭いを減らす方法はいくつかあります。
●タンパク質と一緒に食べる(にんにくの臭い成分アリシンがタンパク質と結合してくれるため。ペペロンチーノを食べたときよりも、豚かたまり肉と丸ごとニンニクのオーブン焼き を食べたときの方が臭いが少ないと管理人も実感)

●発酵した黒いニンニクにする(発酵させることである程度臭いも分解されている)

●加熱して食べる(にんにくはつぶしたりして細胞を壊すことでアリナーゼが活性して臭いの成分アリシンをつくります。しかしこのアリナーゼは、熱に弱いため、加熱してからニンニクを切るなりすればずいぶん臭いは和らぎますね。しかもニンニクの薬効効果は加熱しても十分期待できるというから驚きです。さすがスタミナ食材)

●臭い自体を分解してしまう(臭いの成分血液をとおして全身に回ってしまいます。しかし肝機能が良好であればそいうした物質の臭いを解毒分解してくれます。友達と一緒にニンニク料理を食べたのに、自分だけずっと臭いが消えない時は肝機能の低下を考えてもいいかもしれません。運動をして汗をかくのも解毒効果がありますが、肝臓をケアするのも効果的です。
ニンニクの臭いを減らせるならたくさん食べたいものですが、ニンニクは食べ過ぎもいけませんので適度に食べてください。おなかが弱い方は特に胃腸に刺激を与えることもありますし、おなかを下したりする場合もあるそうです。
ニンニクも他のビタミンB1も適度にとりたいです。取りすぎはなんでも体を崩す原因に。食事から適量とりたいですね!

鰹節にもビタミンB1はたっぷりらしいですよ。





スポンサーリンク
スポンサーリンク