お花型にんじんの簡単な作り方(飾り切り)正月・おせち

お正月のおせち、和食の飾り、お弁当などに、なにかと重宝するお花型の人参

飾り切の中では意外に簡単な部類に入ります。

家にある普通の包丁でどうぞ。

DSC_0516

(※包丁の取り扱いに注意してください)

スポンサーリンク

にんじんの飾り切りの作り方

型を付ける

輪切りにした人参の両面に、包丁で型を付ける。

4等分、8等分がバランスがとりやすくて簡単。

この時、裏と表のカットの位置を揃えてください!

DSC_0508

 

縁(ふち)を花形にカット

お好みでフチを花形にカットしておく。
表と裏の切り口がそろっているとキレイです。

DSC_0511

先ほど、ある程度の深さの切れ目を入れていれば不要な工程ですが、ここで線に沿って斜めに包丁を入れると、あとで花びらを作りやすい。外に行くほど深く中央は残す感じ。

 

花びらを作る

先ほど入れた切り込みに向かって、斜めに包丁を入れる。
(各はなびらの真ん中あたりから包丁を入れる感じ)

DSC_0512

 

裏表、すべての花びらを作る。
DSC_0514

できあがり

意外に簡単にできました。

DSC_0515

まとめ

今回は京人参(金時にんじん)で作りました。茹でるとこんな感じ。

DSC_0517

 

普通のジンジンならこんな感じ。どっちもキレイですね。
DSC_0659

 

なるべく
まっすぐで形の良いにんじんを選ぶと、切りやすいです。

この記事の担当者
ジム・フリー

ちょっとだけ困難な山を越えてきました。今やっと原点にかえって人生再建中。バランスを取り戻しています。

ジム・フリーをフォローする
おすすめ記事&広告
スポンサーリンク
ジム・フリーをフォローする
Jim Free’s blog

コメント