生まれる前と死んだ後は宇宙の細胞の1つ?

子供のころからよく見る同じ夢(?)について書きます。非現実的な話に興味の無い方はスルーしてください。
以下夢(?)の内容です。

水のようなものに顔を付ける


非常に苦しい


宇宙かどこか、果ての無い大きな空間で、自分が細胞のようなものの一部という感覚がする


みんなぐるぐると回っている


そのうち、 ” ああ、そうだった ” と思いだした感覚がする
earth-254584_640
毎回「思い出した感覚」がするからか、子供の時はこれを夢(?)だとは思っていませんでした。

そのうちなんだと自覚します。

しかし大人になって夢にしては変だと感じるように。

アラウンド40の今に至るまでこの夢(?)についていろんな妄想や想像をしてきたのですが、長年の妄想と想像をまとめると、現在のところこんな考えです。

みんなおそらく宇宙の細胞の一部

つまり みんなひとつ

人間に例えて言うなら

「一人の人間の体には無数の細胞が生きていて、それぞれ独立して自分を自分一人と感じているが、実は一人の人間」

「ということは私たちは一つの宇宙で、みんなひとつなのかも?」
planet-581239_640
(心配しないでください。妄想です)

” 宇宙か何か、果ての無い大きな空間で、自分が細胞のようなものの一部の感覚 みんなぐるぐると回っている ”

みんなぐるぐると回っているのですが、みんなひとつの宇宙と言う感覚です。
そう感じる前に水のようなものに顔を付けて、すごく苦しむところが引っかかります。生まれるのも死ぬのも苦しいという事なのでしょうか。

そして最後にいつも「そうだった」と思い出すので、管理人の妄想では「みんな寝ている間に生まれる前と死んだ後のことを思い出しているけれど朝起きると忘れてしまう」のではないかと。

管理人の場合はワケ有って2時間以上続けて寝ることが稀で、毎日睡眠をしっかり摂れない為にこのようなおかしな症状があるのかもしれないという事を付け加えておきます。

しかし子供の時はしっかり寝ていたはずなので、素人的な考えでは、睡眠障害だけでは説明がつかないのです。

そして世間で言われている死後の世界ような、橋を渡るとかいうのは一度も見たことが無く、霊が見えるという事もありません。天国も地獄も見たことがありません。ですから霊感が強い人からすると管理人の夢(?)は変だと思います。

管理人の夢(?)の感覚の中に死ぬとか生きるとかは無く、ただ人間の夢を見ているだけかのような感覚がする事さえあるんです。つまり夢(?)の中ではあちらがメインなんですね。夢はどれもそんな感じですからこの点は不思議じゃないかもしれませんが・・・

同じような夢(?)を見る方、いらっしゃいませんか?

思い出した感覚の時、「そうだった」と感じてホッとしますが、そこに善悪とか熱い寒いとかいう感覚は全くありません。(人間には悪い人も良い人もいるのに善悪の無い空間だなんて変かもしれません)

自分の姿も見えませんが、ぐるぐる回っている広い細胞のようなもの全体が自分である感覚です。

「宇宙」と「細胞」以外に他の例えが見つからない為このように例えているだけで、もっと正しい例えがあると思われます。

以上、管理人の個人的な夢(?)の話でした。

(こんな話を書きましたが ” 何かに勧誘しようとかいう類には属していないこと ” を明記しておきます。また管理人は霊能者でも専門家でもありませんので、この分野の質問には答えられません。逆に、同じ体験をした方や専門家から助言をいただきたいです)





スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ありがとう より:

    確かに例えるなら細胞の一部でしょうね。ふわふわ浮いている感じで、心地よくてでも飽きてしまう感覚ので話がしたくて人間に生まれてくるのだと思います。

    • ジム・フリー より:

      ありがとう様
      コメントありがとうございます。
      共感いただき大変うれしく思います。
      なるほど、あの居心地の良いところから、私たちは自ら人間に生まれる選択をして生まれてきたのですね。
      興味深いです。
      ありがとう様もその様な感覚がおありなのですね。
      記事の問いかけにお答えくださり、有難うございます。