何をしても荒れる唇の意外な原因まとめ

カサカサしていれば保湿し続け、色が黒ずんでいたりすると、それを隠そうと口紅を塗り続けてしまうことに。するとさらに唇に刺激や負担がかかり、ますます黒ずんでしまうかも?そもそも保湿しているのにどうして唇は荒れるのか、冬じゃないのになぜ乾燥するのか…はたまた、無添加リップクリームを塗っても荒れるのはなぜなのか。意外な原因も一緒にまとめました。

何をしても唇が荒れる

唇は冬に乾燥するものだと思っていました。しかし、なぜか年中唇が荒れてしていることに気付いてしまった管理人。

そんな唇カサカサ歴の長い管理人は、昔から口紅は塗りません。その前に自宅に口紅はありません。
グロスは一本持っていますが、まず使いません。結婚式くらい。理由は簡単です。

「唇が荒れるから」。

結論から言うと、管理人は歯磨き粉を変えて唇の慢性的な荒れから解放されました。あと、リップクリームも換えました。

 

その話はあとでするとして、アラウンド40にもなると、顔色を良く見せるために口紅くらい塗りたいもの。
実はアラフォーからが本当に口紅が似合う年齢だと思います。

しかし、口紅を塗ると敏感な方じゃなくても唇が荒れる人が多いですよね。

冬じゃないのに、乾燥もしていないのに、荒れる唇・・・・

そもそも唇が荒れる原因は何なのでしょうか。

唇が荒れる一般的な原因

まずは唇が荒れる原因でよく聞くものをまとめました。

●摩擦や刺激
口は食べ物の入口。食材の中には塩分の多いもの、辛いものや酸っぱいものなど、刺激のあるものもたくさんあります。また、食べた後に口を拭く摩擦、顔を洗うときの刺激も受け、それでなくても唾液の付きやすい唇は、唾液の殺菌成分の刺激を受けやすく、付着した唾液や飲み物は乾く際に唇の水分を奪います。

●乾燥(冬に乾燥する理由はここにあるようですね)
唇の薄い角質層は、他の部分に比べて乾燥しやすい他、↑に同じく、付着した唾液や飲み物が乾わく際にも水分を奪われる。また、呼吸しているだけでも空気の通り道になる唇は乾燥しやすい。

●胃腸が弱っている
東洋医学では「唇と胃腸はつながりがある」と言われています。管理人も漢方医にかかっていた時、舌を見る以前に唇の荒れを見て「胃腸があれている」と指摘されました。

●栄養不足
皮膚と粘膜を健康に保つのに必要とされるビタミンB群、皮膚や粘膜の保護を助けるコラーゲンを作るのに必要なビタミンCの不足。また、そもそも皮膚や粘膜の成分であるタンパク質の不足。

●アレルギー・アトピーなど
PM2.5、花粉、ヘルペス感染など。

 

唇が荒れる意外な原因

そもそも唇は口の中と同じ粘膜なので、お肌よりもデリケート。またお肌とは違って皮脂の分泌もありません。ということはお肌以上に刺激を受けやすく、乾燥もしやすいということになります。
ここでは意外な原因をまとめてみました。

●リップクリームやグロス、口紅の成分のヒマシ油に反応している
ひまし油には抗炎症作用があるものの成分中の脂肪酸が皮膚炎を起こす可能性。

●歯磨き粉の成分に反応している
市販の歯磨き粉には虫歯や口臭の原因菌を除去するための、刺激の強い成分が配合されています。ブラッシング中に歯磨き粉の成分が唇を刺激している可能性が。管理人はやさしい歯磨き粉に変えてかなりの割合で唇の荒れから解放されました!

●リップクリームの塗り方が刺激を与えている
横にぬりぬりして唇の表皮に刺激を与えている

●汚れをしっかり落としていない&そもそもメイク落とし成分が合わない
顔を洗うときに唇を洗うのを忘れている人が結構いるようです。落とせなかった口紅やメイクは唇を荒らす原因に。メイクの古い油の酸化も気になります。

●リップクリームを常に塗っている
唇の組織も常にターンオーバーをしているため、常に油で覆ってしまうと唇でなくてもお肌にあまり良くないのはご想像の通り。新陳代謝を妨げてしまう可能性大です。洗顔の時にしっかり成分を洗い流したいです。

●無意識に唇をなめたりかんだりしている
くせなら仕方ありませんね。

唇の荒れを治す解決方法

●ヒマシ油不使用の製品を使う。アレルギーを示す物質をさける。
薬などの対症療法、その他、規則正しい生活、睡眠、免疫力UPで症状を出にくくするなど。重いアレルギーの方は医療機関に相談。

●刺激物を避ける
不摂生が過ぎると肝臓や腎臓に負担をかけます。肝臓腎臓は解毒の臓器。老廃物や不要物などは肝臓で分解されますが、肝臓に負担がかかりすぎると肝機能が低下し、解毒しきれない物質が体内に残る可能性が。

●マスク
アレルギー、保湿、ウィルス対策

●水分補給
唇の保湿にはそもそも体内の水分が必要

●加湿器の利用
機械内部がカビていない状態でりっかり洗浄されて無菌であることが前提

●睡眠
体のすべての細胞や臓器の修復に必要です

●バランスの取れた食事
栄養素をバランスよく取ります。取りすぎに注意

関連記事

「バランスの取れた、一日の食事例」を再現してみました
農林水産省のHPにある「バランスの取れた、一日の食事例」の写真が気になったので再現してみました。 なんだかんだ、おろそかになってしまう栄養バランス。 毎日の食事で栄養のバランスが取れているか気になったら、ときには国の指針を参考に...

 

 

●唇をなめない 

 

●リップクリームは縦に塗る
唇をよく見ると縦に筋が入っています。横に塗りぬりするとデリケートな唇の表皮が傷つく可能性もあるようです。なるべく唇の皮膚が動かないように塗るのもイイと思います。

●メイクやリップクリームの成分をしっかり落とす
メイクの成分である油の酸化が唇に刺激を与えます。しかし刺激の強いオイル系のメイク落としは逆効果。他の部分とは別にやさしい成分でメイク落としをしっかりしたいです。そもそも荒れている時はメイク落としが必要な口紅でなく、リップクリームか天然成分の口紅がおすすめですが。

関連記事

化粧すると角質が目立ってカサカサに見える肌の「個人的な解決策」
ファンデーションを付けた途端、顔の皮がむけたようになる(角質が目立つ)。 みるみるヒビ割れたようになって砂漠のような状態に毛羽立ち、カサカサ・パリパリ。 すっぴんの方がマシという肌の個人的な解決策を書きました。個人的にある程度は...

 

●精製マルラオイルをリップクリームの代用品に
オイルの中でもかなりおすすめ。あのアルガンオイルよりも抗酸化作用が高いオイル。精製ならさらに不純物がすくなくて刺激がありません。
関連記事

話題の【マルラオイル】精製と未精製の違いとおすすめブランド
美容に良いオイルと言えばアルガンオイル、オリーブスクワランなどが注目されていますが、今話題急上昇のオイルがあります。それがマルラオイル! 抗酸化力はオリーブオイルのなんと10倍。そしてあのアルガンオイルの3.6倍!という情報があるほど...

 

●唇を拭く時はやさしく
摩擦で刺激を与えてしまうので抑える程度が無難

口紅を塗りたいときは?

一般的に口紅は唇に色やつやを与えてきれいに見せる事を第一に考えられた化粧品。そのため、いくら肌に優しい成分を配合しても、その他の成分によって唇に刺激を与えます。

一部、天然成分で出来た唇にやさしい口紅も有りますが、使用感、見栄え、流行りの新色などから考えると、なかなか満足できない事も。

また、唇の荒れる原因として、リップクリームや口紅、グロス等に含まれるヒマシ油に反応してしまう人も少なくなさそうです。ヒマシ油は酸化もしやすいそうです。ヒマシ油不使用のカラーリップクリームもおすすめ。

唇の保護には潤いを与えて逃さず、カバーすることが重要。その点で不乾性(オレイン酸など・オレイン酸は不飽和脂肪酸の中では酸化しにくい)の成分がお勧めです。シアバター、マルラオイルなどはオレイン酸たっぷり。その後口紅を乗せるように塗るのがいいですね。

今お使いのリップクリームやオイルなどを見直してみるのもいいですね。

まとめ

唇が荒れる原因等を駆け足で書きました。
唇の荒れは何かしらの体のサイン。意外な見落としが有るかもしれませんね。

でも、生活をガラリと変えてみてもなぜか全然唇の荒れがおさまらないことも。

さて、管理人が唇の荒れから解放された一番の理由は「歯磨き粉をやさしいものに変えたこと」だと実感していますが、唇が荒れる原因は人それぞれです。管理人の友人のお母さんは、リップクリームをヒマシ油の入っていないものに変えて劇的によくなったと聞いています。

保湿しても荒れる場合は、何かの栄養素が足りていないかもしれないし、摂りすぎかもしれないし、睡眠の質が落ちているかもしれないし、アレルギーかもしれません。無添加の歯磨き粉に替えるのも一案ですね。

今年こそ、ぷるっぷるの唇で冬を乗り切りたいです。