THINK

THINKThink

ワクチンの有効率の意味は、例えば有効率95%の場合「ワクチンを打ったら95%コロナに感染しないようになる」という意味ではありません。

米国政府機関FDA(アメリカ食品医薬品局 Food and Drug Administration)のファイザー社の新型コロナワクチンについてのQ&Aでも参照できますが(https://www.fda.gov/(Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine Frequently Asked Questions)、
国際的に行われた臨床試験において、ワクチン接種群18,198人中コロナを発症8人。プラセボ群18,325人コロナ発症162人。ワクチン未接種での発症者(プラセボ群)に比べると8人しか発症していないから有効率95%との事。しかしこれはワクチンを打っても発症しない確率は0.84%しか上がっていないという意味でもあります。

この確率を分かりやすい数字で計算してみます。

有効率1ー(5÷100)=0.95

有効率95%をわかりやすく数字に表すため、1万人にワクチン、1万人に偽薬を接種した時ワクチン接種軍は5人発症、非接種軍は100人発症したと仮定した場合の式です。

100人→5人。これを95%と表現しているため、多くの人は「ワクチンを打ったら95%の確率でコロナを予防できる」と思い込んでしまうのではないでしょうか。

つまり、そもそもワクチンを打たなくても99%コロナを「発症」しないけど、ワクチンを打てばさらに99.95%コロナを「発症」しません。という数字。

そしてなにより治験等がどのくらい正確に行われているかも不明です。なぜならこの治験の「発症者」の数は発症した中で「PCR検査が陽性だった人の数」だそう。発症者全員を数えた場合、なんとワクチンを接種した中での「発症者」は1,602人で、接種しなかった中での発症者は1,978人なのだそう。PCR検査の精度の低さは知られています。

PDR検査は陽性判定の多くが実はウィルスを保有していなかったり、コロナとインフルエンザの区別もできていない可能性があり、CDCアメリカ疾病(しっぺい)予防管理センターCenters for Disease Control and Preventionも年内でPCR検査を中止するのだとか。あくまで予定です。

しかしこれまでコロナ感染と数えられていたのが実はインフルエンザだった可能性もあるということですが・・・ということは、今後別の方法で厳密な検査をすればコロナ感染者の数は激減するので、ワクチンの効果はすごい!という方向にもっていくことができるのでしょうか。そのタイミングをいつにするのか。米国は2022年の中間選挙に絡めてくるのでしょうか。

ワクチンの有効率なんてその程度のもの。ということはインフルエンザワクチンは予防率はほとんどゼロですね。毎年インフルエンザワクチンを接種していた友人があきれていました。赤ちゃんの時に打っているワクチンに関しても不安になります。それでもmRNAワクチンよりは実績があるといえます。

中国製の不活化コロナワクチンの有効性の低さと、感染増強抗体がつくられるかもしれないという問題が浮上していますが、最近の研究でmRNAワクチンの投与によっても感染増強抗体の生産が高まる可能性もあることが指摘されているそうです。(後述)

とにかく今までの不活化ワクチンも含め、ワクチン自体が一度見直されるべき時期にきているのではないでしょうか。

 

 

副反応で亡くなる方の数は増える一方。コロナ感染者の人数とコロナによる死亡した方の人数ばかり報道されている気がします。でもPCR検査の精度の低さからすると・・・実際のコロナによる死亡者数まで変わってくるかもしれません。

なぜ、コロナワクチン接種後に死亡した人の数が毎日発表されないのでしょうか。ワクチンを打てば死亡する可能性もあるのにそのような危険なもの、ワクチン以外なら即刻この世からなくなっているでしょう。

今日で何人の大切な命が失われたのでしょうか。日本だけでも7月21日の「新型コロナワクチンの副反応を検討する専門家の合同部会」で報告された内容では751人もの人がコロナワクチン接種後に亡くなっています。これは数字として取り上げられた人の数です。数字にも入れてもらえてない人もいるのではないでしょうか。そして、この751人の大部分の方もワクチン関係ないよと言われてしまうのでしょうね。ご遺族のお気持ちはいかばかりでしょうか。

まだワクチン接種が始まって数か月しかたっていない日本でこれだけ多くの大切な命がワクチン接種後に失われています。もちろん本当に因果関係のない人もいるでしょう。しかし接種後短期間でたくさんの人が亡くなっているのは事実。基礎疾患があったから?高齢だから?どうなんでしょうか。高齢者や基礎疾患のある人は重症化しやすいからワクチン打ちましょうという流れなのに、いざ接種後に亡くなってしまったら基礎疾患がありましたからねぇと言われてしまう・・・いったいどうすればいいの・・・

ワクチンで何かあったときに「接種は任意なので(協力義務だけど自己責任で自由なので)」となるのです。いや、その段階にも進めない人がほとんどです。なぜなら「因果関係なし」にされてしまうから。ワクチンにしっかりとした予防効果があるのならまだしも、有効率の本当の意味を考えると・・・単純に疑問です。

この程度のワクチンですが、「ワクチン接種が進んでいる国で感染者が急増している」などと報道すると、ワクチンを打てばほとんど感染しないという間違った印象を与えかねません。この数字だと全人類にワクチンを打ったとしても集団免疫というものは形成されないはず。もしも可能だとしたら他の複数の要因、自然に感染して回復した場合の獲得免疫であったり、たとえば感染対策等による衛生環境の向上などの助けがあってのことで、感染が減ると即座にワクチンの効果にしてしまう体質はおかしいと思います。

ただ、さすがに今回のワクチンはあまりに死亡者や副反応で苦しむ人が多いため、何かおかしいと感じている人も多く、SNS等でみんな情報収集しているのでワクチンの有効性や有効率の数字の導き出し方などに疑問を抱いている人も増えてきました。テレビ等の報道と事実との間に差がありすぎる気がしてなりません。

関西のとある地方の町では接種に来ない高齢者が多くワクチンが何万人分もあまっている様子。【※後日該当記事を確認したところ、とある都道府県に設けられた2か所の大規模接種会場において接種者が想定の半分以下にとどまった事により3万人以上の接種枠を余らせてしまったという内容でした。モデルナ社のワクチンは4週間の間隔を開けなくてはいけないため1度目の接種を終了する時期などの調整もあるとは思います。高齢者の希望者が想定より少なかったとは書いてありました。】すでにワクチンを接種された方が「ワクチン受けに行かない人がこんなにいっぱいいるなんておかしい」と新聞を何度も確認しながら何度も何度もつぶやいておられました。

 

自由と言いながら接種するのが当たり前でみんな打ってるというような印象を与える報道が多いですが、少なくとも管理人の周りでは打たない人は結構います。だってそうですよね。不自然に亡くなった方のご家族はだまっていませんよ。お友達も驚きを隠せないでしょう。メディアでは報じられなくても、現実世界では真実に気づく人が増えている。若い人たちがよく調べてよく考えてくれている事に関しては安心な点もありますが、とにかく大人のせいで申し訳ない気持ちです。

今までとは全くタイプの異なる新しいワクチンであるmRNA(メッセンジャー・アールエヌエー)ワクチン。(アストラゼネカはウィルスベクターワクチン)ワクチンで亡くなった人の声を聞くことはできませんが、みなさんワクチンを信じていたはずです。くやしいです。メディアの中にはいろいろと雑誌等で接種後の死亡者数を報じてくれているところもあります。しかしテレビではほとんど見当たりません。スポンサーや国が何らかの圧力をかけているのでしょうか?いや、なんとなく遠回しに伝えてくれている感じの報道は目にします。はっきりは言えないから遠回しに私たちに気づいてもらおうとしている人がいる。なにか意図を感じることがあるのです。個人的な感想です。

ワクチンを打つ打たないは自由だけど、有効率の意味を知らない上で自由なのと知っていて自由なのではまた違ってくると思います。有効率の数字からして、「ワクチンを打ったのに感染した」も変だし「ワクチン打たなかったから感染した」も、どちらもおかしい話になってくると思いませんか?まぁワクチンというのは感染予防になるといいながら、都合が悪くなると「いや、ワクチンは感染予防というより重症化予防です」となる。もちろん重症化予防もある設定なのでしょうけど、臨機応変に都合よくなんとでも言えるなんて羨ましいです。そもそも有効率というのは感染者ではなく「発症者」の数字なのに、いいように言い換えられている。

ワクチンを接種した人は、きっとみんなのためにと思って受けたはずだから正義感の強い人たちなのです。もしくは自分でいろいろ調べた結果、打つべきでないと思ったけど職場等今いる環境でワクチンを打たなくてはいけないという同調圧力から打ってしまった人が多いはず。いずれにしても家族の生活や周りに迷惑をかけまいと打つ選択をした優しい人。だからこそワクチンに疑問を持つ1人としては心配でなりません。ワクチンにしっかりとした感染予防効果と重症化予防効果があると確実に実証されているのなら副反応で死亡する可能性があっても「打ちたいなら打って」といえるのかもしれませんが、そうではないので。

単純に考えて、予防法は健康的であるべき。なぜ予防法で死ななくてはいけないのでしょうか。死なないにしてもなぜ長期的にどうなるか不明です。少数の犠牲で多くの人を救うですって?それほどの効果もないのに。まるで戦時下のような考え方だと思います。管理人は接種券が届いた時、怖くて震えてしまいました。打たないと決めているから怖がる必要など無いのに、赤字で重要と書かれた部分を見るとなにか強制されている感じがしたのです。受け取らなかったことにして記憶から抹消したいくらいです。予防法なのに予防効果もはっきりしていないワクチン。冷静に考えてそのようなものの集団接種はおかしいと思います。任意で自由というならば、受けたい人だけ予約すればいい話。全国民分確保などしても余らせるだけ。

さて、個人的にはコロナだけでなくすべての感染症に対する対策として手洗いうがいマスク消毒ソーシャルディスタンス、免疫を高める対策として健康的な生活を心がける等は行っています。マスクをすることには素材に悪質な物質が含まれている等の話など諸説ありますが、天然素材の100%オーガニックコットンのマスクならヘルシーかと思っています。とはいえ不織布マスクの飛沫防止効果はさまざまな実験で認められているようなので悩んでしまいます。

●6月21日時点の世界でワクチン接種後死亡した人の数は4,115人。

↑情報が錯綜していてすでに数万人以上、一説には4万人以上死亡という情報もあります。なぜしっかりした人数が報道されないのでしょうか

●7月21日時点の日本においてワクチン接種後死亡したと数字で上がってきている人の数は751人。

この人数は氷山の一角である可能性もあると思います。高齢だから心不全・・・等で終わらせられてしまった人もいるのではないでしょうか。報告は医療機関の判断によるものだからです。氷山の一角なのかもしれません。誰かが「日本はワクチン後進国」などと言ってワクチンを打たないことを時代遅れのように表現していますが、そうでしょうか。それを言うなら「まだワクチン打ってるの?」とも言えるのではないでしょうか。先進国だからこそ人々は自分の頭で考え、多種多様な意見が出てくるではないでしょうか。

重症化を予防するという話に関しては本当なのかもしれないと感じることはありますが、抗体が血液中にあることがどのように予防効果につながったり重症化を防ぐことにつながるのか、その抗体がどうやって気道の粘膜から感染させないようにできるのか、というメカニズムの納得いくエビデンスが管理人には探し当てられませんでした。もしもウィルスが弱毒化して重症化が減ったとしてもワクチンのおかげと報道されるのでしょうね。ワクチン接種が進んでいる国で感染者が増えるとなぜか別の理由をさがしてくるけど、ワクチン接種がすすんでいる国で感染者がへるとたちまちワクチンの効果だと報道されているように感じます。先進国でこれだけ文明が進化しているのに、確実なエビデンスもなしに良いことはワクチンの効果で悪い事はワクチンを打たないせいという話にしてしまうなんて・・・そんなに適当でいいのでしょうか。つまり過去の統計や各種データや数字もその程度のものだったのでしょうか。それなら歴史も嘘ばかりですね。

ところで、ワクチンを打つと磁気を帯びて磁石がくっつくという話は管理人は信じてはいません。ただ、なぜそんな話が不特定多数から出てくるのか、火のない所に煙は立たぬといいますから念のため調べてみると「酸化グラフェン」という物質が話題になっていますね。この成分が大きな副反応の原因ともうわさされているようですね。管理人はこの物質がどのように体をむしばむのかについての確実なデータに行き着くことができなかったのですが、この成分がワクチンだけでなく、PCR検査の綿棒や不織布のマスクにまで入っている可能性があるという「うわさ」ですね。あくまで噂だからこれはデマの1つかもしれません。酸化グラフェンは真っ黒なので透明のワクチンには入っていないしすごく高価だからマスクや綿棒にまで使えないでしょうという意見もあります。でもちまたでうわさされているように人口削減が目的ならいくら高価でも小さな出費とも考えられる。デマだとしてもなぜお酒を提供する飲食店ばかりたたかれるのか、なぜマスクはなるべく不織布マスクにしましょうとなっているのか、などを悪いほうに考えた場合に、この説を信じて拡散している人たちの言うように、つじつまが合ってしまうのが怖いでのす。というのも、もしもワクチンに酸化グラフェンが含まれていたとしても、体内に入れば酵素で分解されてしまうのですが、今回のワクチンは成分を皮脂膜で包み込み、その膜が壊れないよう超低温保存されています。この膜のおかげでワクチンの成分が壊れずに体内へ届くようなのですが、お酒やたばこがこの膜を壊してしまうというのです。ああ、だからお酒を飲んでほしくないのか。煙草もやめさせたいし、ついでに言うとワクチンと関係ないけど大麻の中の健康成分についてもひた隠しにしたい・・・陰謀説があれもこれもつじつまが合ってしまうのが恐ろしいのです。だから信じたくない。極端な噂話をしてワクチンに反対する人たち全員のイメージを悪くするという戦略もあるのかもしれませんが、本当に真実はわかりません。

そもそもコロナの症状自体がこの酸化グラフェンが原因という「うわさ」さえあるのです。接種後の発熱時にアセトアミノフェンがすすめられていたなぁ…アセトアミノフェンって体内のグルタチオンが激減する原因とのいわれているし肝機能障害起こす人もいたりするよなぁとか、味覚障害とかたしかに亜鉛不足でも起こるなぁとか。感染症に感染する人の多くが亜鉛不足とも聞きます。味覚障害がさもコロナだけの特別な症状のように報道されていますが、免疫力が落ちて亜鉛不足になっていれば味覚障害が出るでしょう。昔からひどい風邪を引くとけっこう長い間食事の味がわからなかった記憶があるのは管理人だけなのでしょうか。摂りすぎはいけませんが亜鉛は適量補給しておきたいです。ただし、一種類の食材に偏ると別のリスクがあるし摂りすぎはその物質の中毒になってしまいます。バランスが大切であることがわかります。体はバランスが大事なのにワクチンは極端に化学物質を体内に取り込んでしまうと思います。

真実はわかりませんが、コロナワクチン接種後にあまりに多くの人が死亡していることに変わりはありません。因果関係が認められなければ死亡者0人なのですが、当初しっかり保証するといっておきながら調べもせずに因果関係なしとされている人が多い様子。

個人的には感染予防として、化学物質や感染症から身を守るために重要な亜鉛やグルタチオン豊富な食材を適量とろうと思っています。食事等日々の生活で免疫力を高めたい。そう、予防法は本来健康的なものですよね。自分に合った量があるのです。薬も同じ。コロナワクチンは同じ量を体格の大きな人にもやせ細った小さい人、そして子供たちにも同じ量を打っています。被害が出て当然だと素人でも思います。

ワクチンの中身は我々には見えません。中身を変えることだってできるでしょう。そんなことするわけない?誰がわかるのでしょう。凝りもせず戦争を続けている人間です。何かあれば隠ぺいする生き物です。

高齢者に打つワクチンと若者に打つワクチン、政治家や有力者、我々の知らない世界の人たちに打つワクチン、テレビの広告塔のような人が摂取するワクチン、中身は同じなの?と思ってしまうほどです。打ちましたと言っている有名人って本当にみんな接種したのでしょうか?

一方で、こうした怖い陰謀論が本当にただのデマで、実は有効で安全なワクチンを打たせないために闇の組織の人たちがワクチンに反対しているだけなのかもしれない、と思ったこともあります。もしくはワクチンを打たない派は頭がおかしいとレッテルを張る作戦なのかもしれません。さらには人々を争わせる作戦かもしれない。ただ、ワクチン接種後にたくさんの人が亡くなっている事実は消すことはできない。これだけたくさんの人がワクチン接種後に亡くなっても政府はまだ1例も因果関係を認めていない。デモが起きていても報道しないという状態では、ワクチンなどによる人口削減などの陰謀論がささやかれても仕方が無いのではないでしょうかじつはワクチンで人間や動物を病気にしてそのほかの医療技術等が必要になり、一部の企業がぼろもうけしているんじゃないか」と思われても仕方がないのではないでしょうか。とすればワクチンは現場の医療従事者をも裏切っていることになりますね。どこの国も年金や医療費、介護費等は削減したいでしょうし、気候変動等により地球環境はどんどん深刻化していて温暖化だけでなく寒冷化等も心配されているし。今後何もかも不足して動物が生息できる地域が限定的となる可能性を考えた場合、人口が多すぎると不都合なのは事実で、少子高齢化対策などただのカモフラージュだったことになりますね。これぞ不都合な真実なのでしょうか。

完全なる妄想ですが、もしも本当に人口削減が行われている(もしくは行われてきた)として予想以上に近い未来に地球に危機が迫っているから今回のコロナワクチンで一掃してしまおうとしているのだとします。さらにはそもそも新型コロナウィルス自体が人口削減計画のために作られたのだとして、でもそれくらい急いで人間を減らし始めなくてはいけないくらいの危機が迫っているのなら、最終的に生き残れるのはごくわずかなのではないでしょうか。いよいよの段階になったら政治家なんて切り捨てられるのでは。それどころか口封じのために真っ先に…ごく一部の支配者が存在するとして、彼らは全人類の0.00000001%?ぐらいなのかもしれないし、担当要員たちが今必死で大儀(わずかでも人類の種を残していく・ごく一部の超富裕層の人間に限る)のためにわれわれ庶民を消しても、最後にはほとんどの人間が不要になって支配者層だけ生き残るのでは?それなら我々一般人と団結して協力していったほうが長く生き残れるのではないか。ああそうか、そうなったとしても結局最後は生き残るために同じ結果になるのか。地球がバランスを取り戻すためには人間は増え過ぎてしまったということなのでしょうか。
もしくは地球はそこまで危機に陥ってはいないけど様々な理由で人間たちを支配しなくてはいけない状況にあるため、例の陰謀説ように5G等のようなものでコントロールしなくてはいけない事態に陥っているのでしょうか。まぁこんな話はあり得ないでしょうけど、そんな映画のようなストーリーが頭をよぎるくらい、個人的に今回のワクチンは摩訶不思議です。

 

ワクチンに入っているかもしれないという悪い物質とされる酸化グラフェンをなんとかしようといろんな方法がネット上に紹介されていますが、ワクチン接種後の体に通常の栄養補給やデトックス等が通用するのか等については未知で管理人にはわかりません。でも酸化グラフェンが入っているのだとしたら、お酒やたばこで分解しようとしている人もいるそうですね。でもお酒は飲みすぎると肝機能等にも悪影響であることは周知の事実。もしも管理人がワクチンを強制的に打たれた場合には数日はお酒も飲むと思いますが、お酒をのみつつアルコールの分解に必要な水分や亜鉛等の栄養分もしっかりとると思います。(亜鉛もアルコール分解に必要)でも一般的にはアルコールは分解するのに臓器に負担がかかるので健康的ではありません。そして個人的に感染症予防に時々のんでいる紅茶は亜鉛との相性が良くないのでしばらくは控えめにするかもしれません。いつもは積極的に摂っている食物繊維も、ミネラルを排出する作用があるので亜鉛を保持したいときは控えめに、でも有害物質を排出するために特に水溶性食物繊維は一定量摂取する予定です。酸化グラフェンはグルタチオンを消費してしまうらしいので、グルタチオンが含まれる食品もとるかな。グルタチオンはビタミンDの代謝にもかかわるし。ビタミンDが働くために必要なマグネシウムも取りたい。クロレラや青汁によるデトックスも流行っているけどビタミンKが一部の薬と相性が悪いので人によっては気を付けてほしいです。管理人はワクチンは絶対に打ちません。コロナワクチンのせいで今までのワクチンも恐ろしくなってしまいました。さすがにこの酸化グラフェン説はデマだという事でこのお話は終わりにしたいけど否定もできない。デマだと断言してしまったらどこぞの国と同じになてしまうから。グラフェンによって磁気を帯びるという噂も、ブリティッシュエアウェイズのパイロットの30代から50代の健康な人がワクチン接種後に4人も亡くなった件だけ見ても偶然とは思えません。

 

ワクチン接種が進んでいると報道されているアメリカですが、7月24日時点の情報ではアメリカ代表選手613人中100人がワクチン未接種とのこと。テレビの報道だけみているとオリンピックで日本に来る人はワクチンを打って入国しているイメージでした。ただこれについてはアスリートという立場から、副反応が出てはパフォーマンスを最大限に発揮できない可能性などを危惧した結果打たないことを選択した選手もいるかもしれません。また、イギリスで2月1日~7月19日までにデルタ株に感染した約23万人のうち、ワクチン未接種の感染者は12万1402人、2回接種済みの感染者は2万8773人。うち死亡者は未接種群で165人、2回接種群224人だったとこのこと。これはワクチンを2回接種したのに感染して死亡した人の確率が0.78%なのに対して、未接種群で感染者して死亡した確率は0.14%ということ。ワクチンを接種した人のほうがコロナにかかった場合に死亡する確率が異常に高い結果となっていますが、これについても、若者のほうがワクチン接種率が低いので高齢の人を中心に死亡したのかもしれません。ただ、それにしてもワクチンを打ったにもかかわらず感染もして、重症化どころか死亡した人がワクチンを打ってない人よりはるかに多いというのは疑問ですね。これが先ほどの話の「ワクチンによる感染増強抗体の生産が高まる可能性」と関係していたら怖いです。感染増強抗体の生産が高まる可能性はコロナに感染した場合も同じですし、感染していない人でも感染増強抗体を持っている人がいるとのこと。ワクチンによる感染増強抗体の生産性の高まりはもともとこの感染増強抗体を持っている場合のことだそうですが、今の時点での研究(大阪大学の研究)であり、コロナもコロナワクチンも未知の部分が多すぎるので今後もさらに情報収集する必要があると思います。
米マサチューセッツ州のクラスターでは感染者469人中346人がワクチンを2回打った人で、74%にも及ぶ確率です。おどろくことにここでの感染者の年齢の中央値は42歳と若いことです。つまり若い人でワクチンを2回摂取しているのにワクチンを打っていない人より多くの人が感染しているといえるのではないでしょうか。

それにしてもワクチンの中にはいったい何が入っているのだろう。病気になってしまった人に薬を使うのは副作用のリスクがあっても納得できる部分もあるけど、健康な人に副反応や副作用のでる可能性のあるワクチン(しかも効果不明で死者多数)を打つというのは、真っ白な気持ちで考えるとおかしいと思います。

mRNAワクチンに関しては抗体が消えたあとも遺伝子は残り続ける可能性も示唆されているとか。これは万が一の話だそうですが、本当にそうなったらずっと免疫系に悪影響を及ぼすのではないでしょうか。

元ファイザー副社長はじめ内部告発者たちが命がけでワクチンの危険を訴えているという話は本当なのでしょうか。すでに意見を変えたようです。

でもさすがに「ワクチン接種者の命は長く見積もって3年(5年という説も)」というのはあり得ないと思います。これがもしかして後になって「ほら3年(5年)たったのにみんな元気でしょ」「私が間違っていました」という、長期に渡る壮大なワクチンの宣伝だとしたらさらに恐ろしい。だから有り得ないと思いたい。でも3年どころか接種後~数日で死亡しているワクチンですけど。

万が一、ワクチンの中にプラセボが含まれていたとしたらまったく健康被害無い人もいるだろうし、いくらでもコントロールできてしまいますね。妄想ですが、中身が見えないのでないとは言いけれません。しかし最近日本の政治家たちの中にもワクチンに反対する人が増えてきましたね。

しかしワクチン打たないと言っていた人が後になってやっぱり打ちますというのが一番の宣伝です。影響力のある人ならなおさら。真実は分かりません。すべて陰謀論で終わらされてしまうのですから。

次にくるかもしれない鼻孔にスプレーするタイプのワクチンでも死者が出るのでしょうね。体内に入れなくても感染経路ドンピシャの場所にスプレーするのですから。

未知のワクチン。何が入っているのか中身を確認することはできませんが、なにか未知の物質が入っている。体は異物が入ると一生懸命排出しようと頑張ります。異物がいなくなるまで戦っている間にコロナ以外のウィルスや菌が入ってきたら・・・インドで新菌感染症が蔓延しているのはこうした事も関係あるのでは。この世にはたくさんの病気があるのに、コロナだけのためのワクチン(効果不明で死亡リスクもあるワクチン)を打ってそのほかの外敵に対して免疫力を発揮できない状態になる可能性はないのか。

メディアがどこかのなにかの圧力を受けず安全に真実だけを自由に報じることのできる日々は来るのでしょうか。もちろん一部メディアは勇気ある記事を書き続けています。医療関係者の方の中にも声をあげている方がたくさんいらっしゃいます。問題は、テレビしか見ない人たちに情報が行きわたらないこと。フランスではワクチンパスポート反対の大規模デモが行われていますが、日本では少なくともテレビでは報道されていませんよね。

ほかの医療技術まで信用を失ってしまわないよう今回のワクチンと他の医療は別で考えたい。そしてワクチンがこれ以上、現場で命を救おうと懸命に戦ってくれている医療従事スタッフまでもこれ以上裏切らないよう切に願うばかり。

どのような立場の人でも、ワクチン接種は任意であり自由です。といいつつこの記事ではワクチン反対の意見を書いてしまってごめんなさい。個人的な意見です。

これからさらにワクチン被害が増えるでしょうから、さすがに近いうちに今のワクチン打て打てという流れは変わることと思います。いや、変わらないかも。それでもワクチン接種は本人の自由という空気を今作り出せている企業のリーダーは将来風向きが変わったときに感謝されるのではと個人的に思います。

※ワクチンをすすめるCMが流れていますね。特に高齢者と持病を持つ人にはメリットがあるのだそう。なるほど、まだまだ高齢者の方も持病をお持ちの方も打ってない人が多いということですね。今はテレビの情報だけを鵜呑みにする人は減ってきてるのにな。でもワクチン余らせちゃったら困るでしょうしCMを流すほか無いのでしょうね。

もしもワクチンで大事な人を亡くしたら、その時になって初めて気づくことってあると思うのです。今までの思考回路がもしかしたら違っているのかもと感じたり、世の中が実は思っていたようなものではなかったと気づいたり、別の視点から物事を見る始まりとなるのも事実だと思うのです。

医療だけが何をやっても許されるのでしょうか。

実際は医療以外にもいろいろな技術が悪用されているのでしょうけど

 

※この内容は変更あれば更新しています

 

それでは長くなりましたがThinkカテゴリ記事一覧です。↓

Think

面倒くさがりにおすすめのコーディング学習アプリ「Grasshopper」

みなさん、こんにちは! フセンです。 プログラミングの練習アプリを探していたら… プログラミングというのはプログラムを作る事で、 コードを書くこと自体は「コーディング」なんだって 初めて知りました。 それで、コーディン...
Think

お金が有ったらどんな家を建てたいですか?【理想(妄想)の家】

ドリームハウス。お金が有ったらこんな家が建てたい!という夢の家について書きました。理想の家というより妄想の家です。 妄想が過ぎた場合、「庭に飛行場を作る」とか、「ディズニーランド付き」とか「1つ街を作る」とか・・・キリがなくなるので、...
Think

当ブログ40代管理人ジムのお気に入りまとめ

当ブログ40代管理人が愛用しているお気に入り一覧です。 ※個人的に、基本的には食品でも薬品でもなんでも同じ物ばかり摂り続ける事はありません。米、野菜、加工食品、サプリメントなど全てにおいて順繰りに違うものを使っています。同じ製...
スポンサーリンク
Think

ちょっと何かしたいけど何をしたいのか分からない時の誰かのアイデア

ちょっと何かしたいけど何したらいいのか分からない時、どこかの誰かがしてる事をしてみたら知らない世界が待ってるかも。 という事で、どこかの誰かのアイデアをまとめました。 一度頭を真っ白にして、例えば誰かはいつもしているみたいだけど...
Think

一文無しになった人が考える、宝くじに高額当選した時の【注意点】と【使い道】

40代が「一文無し」になった経験から真剣に考える「宝くじに当たった時の注意点」。 宝くじに関わらず、突然大きなお金を手にしたら、なぜか本当にあっという間に消えて借金だけが残る可能性があります。 宝くじなんて当たらなければよかった...
Think

【世界中で増えている?】年賀状やめました!

今、日本では年賀状を送る人が目に見えて減っていますね。 アラフォー管理人のまわりでは書いてない人の方が多い! 先輩方の中にはご丁寧に「終活年賀状」を書いて ”年賀状じまい” をしている人も。 事実、年賀状の売り上げ枚数...
Think

【デコ弁に疲れたら】大阪のおかんに学ぶ弁当作りの心得5か条

「お弁当作るの疲れた」。特に「デコるの疲れた」というママ(パパ・妻・夫・じぃじ・ばぁば・お兄ちゃん・お姉ちゃん・もしかして妹・弟?とにかくおウチの人)続出中・・・ 豪華なお弁当&デコ弁当たり前 の行き過ぎな風潮に疲れてしまった人たちに...
Think

最強の手相【ラッキーM】がある人は本当に運がいいのか

手のひらにM字を描く超大吉相ラッキーM。管理人は両手にラッキーMがあります。(写真参照) 大吉相は数あれど、このラッキーMの持ち主は、何をしてもうまく行くという超強運の持ち主なのだとか。みなさんの手のひらにも有るかもしれません。 ...
Think

ワークライフミックスとは?ワークライフバランスとの違い

ワークライフバランス(work–life balance)が、仕事と生活の調和と充実なら、 ワークライフミックス(work-life mix)は、仕事と生活の融合と充実といえるでしょうか?たとえば子供同伴で出勤する。在宅勤務も家事や子...
Think

不寛容社会も問題だけど、寛容すぎるのも考えもの?

この世は絶妙なバランスで成り立っているけれど、しかし成り立っていないとも思う。 高い所にいる人もいれば、低い所にいる人もいて、高い所がいいかといえばそうでもなく、低い所が良くないかといえば、確かにそうであったり、実はそうでも無かったり...
スポンサーリンク