FIELE FRAGRANCESの【サンプル】は米LAのオンラインショップで全種類買えた

今大人気の香水、
FIELE FRAGRANCESを全種類試してみたい!

という事で、アメリカ・ロサンゼルス発の
ヴィーガンフレグランスブランド

ORRIS PERFUMERY(オリス パフューマリー)から
FIELE FRAGRANCESフィエール フレグランス
サンプル全種

fielefragrances.comで購入しましたので、買い方と届いた商品を紹介します。

スポンサーリンク

FIELE FRAGRANCESのサンプルを海外から買う方法

日本でオンラインショッピングするのと同じで簡単!

注文は簡単

fielefragrances.comにアクセスして

「SHOP」に進みます。

FIELE FRAGRANCES online shop出典:fielefragrances.com

 

一番下までスクロールして、右側がサンプル。

 

出典:fielefragrances.com

 

お好みのサンプルを選んでカートに入れる。

1本5ドルですね。

 

出典:fielefragrances.com

 

 

買い物が終わったら
チェックアウトにすすむ。

 

出典:fielefragrances.com

 

Emailを入力して
受信したメール内のリンクをクリック。

住所、カード情報などを入力して
「PURCHASE(購入)」ボタンを押します。

配送(Shipping)は、USPSで$24.95(2019年11月現在約2,719円)

出典:fielefragrances.com

$5.0×全11種類だと55ドルですが、今回MENTHAだけ2つにしたので、全部で60ドル+送料。

ディスカウントコードは、あちこち調べましたが見つかりませんでした。たぶん、次回購入時に使えるようなコードがいつか送られてくるのだと思います。
念のためメール登録をしておきましたよ。

 

出典:fielefragrances.com

2020年2月追記:その後、ディスカウントコード等のお知らせは送られてきていません。

送料と届くまでの日数

さて、注文して届くメールは2通。

・1つ目は注文確認のメール
・2つ目は出荷しましたメール

あと1つ届いたメールは、
メーリングリストに登録した時の認証メールです。

注文した翌営業日に出荷されていますので
対応はとても迅速。

とはいえ、USPSという配送方法は普通郵便なので
届くまでに17日を要しました。

 


USPS(United States Postal Service)アメリカ合衆国郵便公社
USPS FIRST CLASS MAIL – INTERNATIONAL

全種類買えて大満足

さて、商品は思った以上にキレイな状態で届きました♪
小さな箱を開けると小さなポーチに入ったサンプルが入っています。
過剰な包装ではありません。好印象。

でも特に海外からだし、香水なので、1重でもいいからビニールに入っていればさらに安心だったかも。液漏れした時とかのためにも。

それ以外は大満足♪

なんでしょうか、このおしゃれ感は。

 

1.5mlなのでとても小さいスプレーボトルですが、お試しには十分。
日本では2019年10月現在、フリマアプリでもオークションでも全種類は手に入らなかったので、高い送料を払ってでも手に入れる事が出来て大満足!

11種類全部を試せるなんてうれしいです。
香りの感想は、じっくり試した後にまた別記事でレビュー書きますね。

 

追記:全種試しました!でも、考えがまとまりません。感動。まだレビュー記事は無いけど、全体的に感じた事をばばばーっと書いたのでよろしければ関連記事をどうそ。

「あ、この香り!」やっと見つけた理想の香水
人が付けていたら「いい香り!」「どこの香水?」と思っても、いざ自分が付けると「あれ?」だった歴代の香水たち。 ランキングでは上位なのに、自分にとっては全然いい匂いだと思えなかった大人気の香水たち・・・ 捨てるのはもったいないし、ビンがか...

 

まとめ

今回は、FIELE FRAGRANCESの1.5mlサンプルが欲しくて探したら、アメリカLAの公式ショップで全種類買える事がわかったので、ネットショッピングしてみました。

日本でもメルカリやラクマなどのフリマアプリや、オークションなどでサンプルが買える場合もありますが、全種類となると難しいですよね。

FIELE FRAGRANCEの日本の公式ショップでもサンプルを扱ってもらえるとイイなー☆

それではまた!

この記事を書いた人
フセン

コマゴマ した事が好きな40代。このブログの管理人ジムのともだち。

フセンをフォローする
おすすめ記事&広告
スポンサーリンク
フセンをフォローする
Jim Free’s blog