こんな歯磨き粉を探していました。

「あの成分とあの成分が入っていたら…」

儚い夢で終わるはずだった夢の歯磨き粉が…発売されてしまいました。

歯磨き粉ジプシーのみなさんにおすすめの歯磨き粉のお話。

新バランス!探し求めていたのはこんな歯磨き粉

試した歯磨き粉は数知れず…丁寧に磨いているのに虫歯になる。口臭が消えない…歯磨き粉ジプシーのみなさんこんにちは。いつも「バランスバランス」うるさい管理人です。

今回見つけて効果を試した歯磨き粉は「ニコラル」という歯磨き粉です。

この歯磨き粉、管理人が常々歯磨き粉に配合されていたらなーと思う3つの成分がすべて配合されているんです。

ラクトフェリン・フルボ酸・マスティックの組み合わせ

ラクトフェリンも、フルボ酸もマスティックも、口内環境のバランスを整えるのに大変役立つ成分で、以前から個人的に利用している成分です。ラクトフェリンはエチケットタブレットで、フルボ酸は健康のための飲用として、マスティックは歯磨き粉で利用してきました。

この3つの成分が一緒に配合されているなんて、個人的に夢のようです!

 

ラクトフェリンは唾液の成分にも含まれるたんぱく質。初乳に含まれる免疫成分でもあり、私たちの口内では殺菌作用、抗炎症作用などで虫歯が出来にくい環境を作るのだそうですね。よく、口臭予防のタブレットなんかにも配合されている成分です。

 

フルボ酸というのは、当ブログでも紹介したことがありますが、ミネラルバランスを整えてくれる成分。太古の昔から地球上に蓄積した腐敗物質から抽出される大変貴重な物質で、ミネラルを吸着したり離したりするキレート効果(アミノ酸や糖質と結合する)があることから、口内の汚れを浮かして落とすことが出来るようです。なんとも不思議なのですが、例えば食用グレードのフルボ酸を飲んだり食べたりした場合は体内の不要な栄養と結びついて吸収し、ヒ素やカドミウムなど有害なものとも結合して排出してくれるというのです。また、現在フルボ酸製品はたくさん発売されていますが、フルボ酸以外の不純物がたくさん含まれている製品も多いのですが、ニコラルは純度の高いフルボ酸が使用されているそうです。

 

 

マスティックは、以前このブログでマスティック配合の歯磨き粉を利用している話をしたことがありました。天然の殺菌成分が口内の原因菌にのみ作用するのだそうで、古代ギリシャなどではマスティックの樹脂を歯磨きに利用していたのだそうです。安全性の高い殺菌成分として病院などの消毒にも利用されるほど。なんとピロリ菌なども除菌できるほどの殺菌力だそうです。そういえば当ブログで紹介している梅肉エキスもピロリ菌と戦ってくれるのでしたね。

梅肉エキス、フルボ酸については管理人おすすめの逸品にも登場

勝手に厳選・バランスのとれた逸品
管理人お気に入りバランスのいい逸品一覧 その昔、イロイロと偏りすぎて体が危険な状態になったため、あれこれ変えてバランスよく、というスタンスの管理人です。 その結果、驚くほど健康になったためか、栄養士や医師に聞くような、お答え...

(参考サイト:Wikipediaフリー百科事典「マスティック・ガム」)

化粧品クリームのような見た目でコンパクト。外出先でも持ち運びが楽しくなります。

口臭予防・うるおい・PHコントロール

その他の成分も豪華!

汚れを浮き上がらせるオレンジの皮の成分「リモネン」、1000個のお茶の実からたった一滴ほどしか取れないという非常に貴重な「ティーオイル」まで配合。中国では不老長寿の油とされるほどです。オレイン酸は不乾性油の一種なので蒸発しにくく口内を保湿して乾燥から守ることから口臭予防にも。

口内というのは中性に保たれているそうで、唾液のPHは6.7くらいのやや弱酸性の中性で口内が過剰に酸性に傾かないように中和してくれるのでしたね。そして、オレイン酸というのは弱酸性で肌のPHを整えてくれるのだそうです。オレイン酸は皮脂の構成成分の一つで、もともと私たちの肌にもともと含まれていまれていますし、そういえばオリーブオイルや椿油、そして当ブログ一押しのマルラオイルなど、肌に良い効果をもたらすとされるオイルにもたっぷり含まれています。オリーブオイルでオイルプリング(口に含んでしばらくして吐き出す口内浄化健康方)するのも理にかなっているようです。

話題の【マルラオイル】精製と未精製の違いとおすすめブランド
美容に良いオイルと言えばアルガンオイル、オリーブスクワランなどが注目されていますが、今話題急上昇のオイルがあります。それがマルラオイル! 抗酸化力はオリーブオイルのなんと10倍。そしてあのアルガンオイルの3.6倍!という情報があるほど...

酸性の環境で虫歯になりやすいことからアルカリ性の重曹で歯磨きやうがいをして虫歯予防する人もいますね。PHバランスに菌のバランス、そしてうるおい…

健康な口内環境は絶妙なバランスでなりたっているのですね。

(参考:ウィキペディアフリー百科事典「重曹」)

 

その他、口内環境に嬉しい植物成分などが配合されていて、とにかく低刺激でゆっくり丁寧にブラッシングすることができます。

歯科で教わる効率の良いブラッシングも、一般的な市販の歯磨き粉だと刺激があったり、添加物が気になってゆっくり磨く気がうすれてしまうのですが、無発泡で刺激もないのでじっくり磨けることろもおすすめです。

効果だけでなく話題の良質な成分が配合されているとなると、歯磨き自体が楽しくなりますね。

刺激で清涼感を感じたり、香料でにおいを覆い隠すような感覚は皆無。汚れ落ちもいいし、元から虫歯や口臭の発生しない口内環境に整えてくれる感じがします。

他にも、歯科衛生士と製薬会社と共同開発であったり、石油系界面活性剤、ラウリル硫酸系、パラベン、合成着色料、サッカリン、漂白剤、等が不使用だったり、配合されているティーオイル(お茶の実オイル)が無農薬国産100%だったりして、子供も大人もみんな安心して使えそうなところも気に入っています。

難点は3千円台の高級歯磨き粉というところ。成分的に仕方がないかとは思いますが、やっぱり高いです。定期購入だと安くなり、しかも初回はずいぶん安いです。管理人はお金に余裕があるときに使いたいと思います。

興味のある方はネットで検索してみてください。

欲しい成分が詰まった夢のような歯磨き粉

今回は管理人が探し求めていた理想の歯磨き粉のお話でした。管理人が歯磨き粉に入っていて欲しい成分(フルボ酸、ラクトフェリン、マスティック)が全部配合されていて、低刺激で歯をしっかり磨くことができるニコラル。

歯磨きに求めるのは、清涼感よりも結果。元からキレイにしたいのです。

世の中、夢が夢で終わってしまう事の多いこと多いこと。しかし何か自分でアクションを起こしたわけでもないのに、ふいに叶ってしまう夢もあるもので・・・1本の歯磨き粉との出会いは、そんなミラクルを感じた出来事でした。