「顔が疲れない」24hコスメ プレミアム カバー&エアリィ ファンデーション

ファンデーションをつけると顔が疲れる。時間が経つと目がしょぼしょぼする。乾燥する。夕方には朝より10歳老けて見える。ファンデーションを付けたそばから顔がピリピリチクチク・・・。

ファンデーションを付けると肌がどんどん疲れてしまう管理人の肌。もはや「ファンデーションなんか塗らない方がマシ!」というくらいファンデーションを毛嫌いしていました。

(※当記事は管理人の体験談や感想です。効果や作用については個人差があります)

スポンサーリンク



ファンデを塗ると疲れた顔(肌)に

メイク落とし、洗顔、ピーリング等でやさしく角質・角栓をケアし、しっかり潤いを与えた肌に、きちんと下地をぬって、しっとり系のリキットファンデ(またはクリーム系ファンデ)+プレストパウダーで仕上げても、薄塗りにしても、厚塗りにしても、結果は同じ。

24h cosmeも例外ではなく、以前使った時は肌に合いませんでした。(今回とは別の商品)

顔の頬(ほお)の荒れた部分でシュミレーションした画像を載せます。

今までのファンデーション(Before)

管理人の右の頬です。
左がすっぴんの状態。保湿はしてあります。
右が手持ちのファンデーションを付けた状態です。
ファンデーションを塗ったそばからカサカサ乾燥し、見た目にも乾燥している事が分かります。

この状態は付けたて。この夕方には目の下がシワシワになってしまい、老け顔に。

ところが今回の

プレミアム カバー&エアリィ ファンデーション

は何かが違うようです。

24hコスメ プレミアム カバー&エアリィ ファンデーション(After)

どうでしょうか。管理人の年齢肌の問題で、陶器肌にはなれないですが、それでもカバー&エアリィ ファンデーションを付けると、ブツブツや赤みを自然にカバーしながらも、カサカサしていません。顔の一番問題の部分がここまで隠れてくれれば、個人的には大満足です。

(↑パフでさっと付けただけです)

顔が疲れないファンデーション?

24h cosme に戻ってきた理由は、去年(2016年11月)発売の24h cosme プレミアム カバー&エアリィ ファンデーションを試してみたかったからです。

(シリーズで使ってみたかったので、この機会にプレミアム ルーセントパウダー も一緒に購入。ブラシが付いて来ましたが、手持ちのブラシの方が粉がキレイに付きました)

プレミアム カバー&エアリィファンデーションは、

「高いカバー力」「自然な仕上がり」を両立させ、付けている時の「閉塞感」を感じさせない使用感です。
(出典:24h-cosme公式サイトより)

という事ですが、納得です。

見た目にもしっとりしています。

もっと近くで見てください。

表面のボコボコした物は、稀に気温上昇によって天然オイルが溶けだす現象で、品質には問題ないものだそうです。自然・天然の成分をふんだんに使ったファンデーションならではですね。

スポンジで、手の甲につけてみました。
若干ツヤが有ります。

サッとなじませた後、プレミアム・カバー&エアリィファンデーションを付けて、最後にルーセントパウダーを付けました。

どうでしょうか。ほんのりキレイに隠れているのに、とても軽いです。まさに「自然な仕上がり」ですね。

ちなみに、パフ(スポンジ)で軽く付けただけです。ルーセントパウダーは、ブラシでさっとなでた後に余分な粉を若干丁寧に払いました。ルーセントパウダーが有るか無いかの差もすごいですね。

ご存知のように、質の高い清潔なスポンジ等を湿らせるなどして丁寧にトントンと軽くたたき込むように付ければ、さらにキレイに付きますよね。管理人の場合は丁寧にメイクする際には指で細かく叩き込む派です。しかし普段そんな時間はありませんから、今回もいつも通りに付けました。

夕方になっても「お疲れ顔」にならない

管理人は健康になって以前よりはマシになったとはいえ、ファンデした直後から、ホラー映画をみているかのような恐怖感を感じるほどにみるみる肌が衰えるタイプ。

今回のファンデーションは付けたてもつやつや。1時間後もそのまま。夕方になると多少小鼻にオイルを感じますが、朝の顔とそれほど変わらなくて感激しました。

それほど肌に負担が少ないのだと思うのですが、個人差がありますので、みなさんの肌の場合はどうかわかりません。

成分を確認してアレルギーが無いかも確認してください。

なぜ肌が疲れないのか・全成分から考えてみる

24h cosmeのプレミアムシリーズは、高保湿で年齢肌対策重視の処方。

ファンデするたびエイジングケア
(出典:24h cosme 公式ページより)

という事で、成分も

天然ミネラル+天然保湿成分+天然エイジングケアオイル 
  (※年齢に応じた肌ケア)

などがふんだんに配合されているようです。

原材料というのは、多い順に表記されていますから、全成分で一番多いのがオリーブ果実油であることが分かります。さらにその次にアボカド油が来たと思ったら、その後連続で天然成分が続いています。原材料だけをパッと見た場合、ファンデーションの成分であることに気付くには時間がかかりそうです。

以下全成分です。一部の成分は簡単に紹介します。

○オリーブ果実油
オリーブの果実のオイル。オレイン酸が大部分をしめる保湿効果の高いオイル。水分保持力も高い。

○アボカド油
「森のバター」アボカド。ビタミンEによって酸化しにくい。保湿力が高い。

○ミツロウ
ハチが分泌する蝋(ロウ)で、蜂の巣の材料。BeeWax。化粧品の素材として使用される蜜蝋に関しては精製されており、安定性が高く、固さや保湿効果から様々な用途に利用される。

○キャンデリラロウ
南米、北メキシコなどの高地に自生するキャンデリラ草は、朝晩の寒暖差と乾燥の厳しい環境で育つ植物。その蝋(ロウ)は、固さ、光沢、樹脂分などの質感などから化粧品の基剤に使われる。ファンデーション、口紅など。食品ではガムや飴などにも。

○キャンデリラロウエキス
キャンデリラ蝋のエキス。効果・効能は管理人レベルでは不明。

○ホホバ種子油
ちょっとした紫外線対策にもなるホホバ油。南米・北メキシコ辺りの砂漠地帯に育つ木で、保湿に最適。

○ツバキ種子油
酸化しにくいオレイン酸を多く含む。肌の保護・保湿

○ザクロ種子油
細胞の成長やコラーゲンの合成を助けるプニカ酸(オメガ5)、ポリフェノールによる抗酸化作用

○バオバブ種子油
アフリカの乾燥地帯に育つ木で生命の木と呼ばれる。オレイン酸・リノール酸・パルチミン酸により、高保湿・水分保持効果など

○アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)
サハラ砂漠に育つアルガンの木の果実種のオイル。ビタミンEによる抗酸化作用がある。

○ヤシ油
ココヤシの実の種子オイル。抗菌、抗酸化、保湿など

○シロキクラゲ多糖体
キノコの一種。アジアでは美容に良い食材として珍重される。重量の数百倍の水分を抱え込むことができると言われる。

○アロエベラ葉エキス
アロエベラの葉のエキス。コラーゲン、ヒアルロン酸等の生成を助ける。保湿効果があり、抗菌、抗炎症作用などにより、日焼け、すり傷等の修復などに古くから利用される。

○ビワ葉エキス
○ヨモギ葉エキス
○クマザサ葉エキス
○ドクダミエキス
上記4つの葉のエキスは、葉緑素が多く含まれるため、殺菌効果などが有ると思われますが、管理人にはなじみの無い植物の為、よく分かりません。

○水
おそらく精製水

○エタノール
別名エチルアルコールなので、アルコール。殺菌、防腐効果。揮発性がある。もしも化粧水などに入っている場合は刺激が気になるところですが、管理人としては、ファンデーションに少量含まれている分には気にしていません。しっかり防腐してほしいので。個人的な意見です。

○(+/-)ステアリン酸
○ステアリン酸マグネシウム

上記二つについて。「(+/-)」←の意味が管理人には理解出来ませんが、ステアリン酸自体は、植物由来の界面活性剤。水、油両方になじむため乳化作用があり、保湿効果も。紫外散乱剤(酸化チタン等)のコーティング等に使われ、使用感を良くするらしいですが、ステアリン酸Mgは白い粉で売られていて、手作り化粧品に利用できます。

○マイカ(ミネラル)
天然鉱石雲母のこと。光沢があるのでファンデーションにつやを与える。

○シリカ(ミネラル)
土壌に含まれる二酸化ケイ素。ファンデの質感を良くする。

○酸化チタン(ミネラル)
紫外線散乱剤。天然鉱石チタン+酸素。毒性も指摘されていますが、ファンデーションにはほぼ入っているはず。24hcosmeの酸化チタンはノンナノで肌に吸収されにくく、さらに、先ほどのステアリン酸でコーティングされている酸化チタンですので、管理人は気にしていません。口や鼻から吸い込まない限りは・・・。

○酸化鉄(ミネラル)
天然鉱物 鉄+酸素 無色の顔料。色の調節に欠かせない成分らしいですがよく分かりません。

○アルミナ(?)
酸化アルミニウム(Al2O3)。アルミニウム(Al)とは元素記号が異なる。白色顔料になる白い粉末。毒性は無いとされる。

以上が、カバー&エアリィファンデーションの全成分です。

成分の大部分が肌に優しそうな成分で出来ていますね。

一般的なファンデーションに含まれていることが多いシリコンやポリマーは無配合。

ミネラルファンデーションにもイロイロありますが、メイク成分が天然の鉱物によって構成されているファンデーションのこと。メーカーによって成分や配合量はまちまちですが、ミネラルファンデーションに使われるミネラルは、天然の鉱物由来の無機質のため変質しにくいのだそうです。

ミネラル成分+抗酸化成分+美容・保湿成分で肌への負担が少ない?

プレミアム カバー&エアリィファンデーションは、24h cosmeのコスメのラインも美容成分たっぷりですが、プレミアムラインはさらにエイジングケアに力の入ったライン。

先ほどの成分をみてもわかるように、成分の多くが美容成分、保湿成分。抗酸化作用のある成分もたっぷり配合で、もともと変質しにくい無機ミネラル成分をサポートしてくれているのかもしれません。長時間乾燥しにくいです。

さらに以下の物質不使用で肌に負担が少ないと考えられます。

▼石油系界面活性剤
▼化学合成防腐剤
▼タール系色素
▼シリコン
▼石油系ポリマー
▼パラベン
▼合成香料
▼紫外線吸収剤

付ける量や付け方にもよりますが、今回のように薄く付ける分には厚ぼったさや、バッチリメイク感は感じません。

今まで、クリーミーファンデーションや、リキッドファンデ、イロイロ試しました。メイク後、一時的に陶器肌になれるファンデは他にもあります。でも、成分が肌に合わないと、数時間後にはお疲れ肌になっていました。きめ細かいブラシで付けるタイプのファンデも、管理人の場合は肌に合わず、個人的には固形タイプを「のせる」事で、肌への負担を軽減したいと思っています。浸透させたくないのです。

24h cosme 製品の「24h落とさなくてもOK」と「石鹸で落ちる」事については、石鹸というのは結構な洗浄力なので、丁寧に洗えばある程度のメイクは落ちるあたりから考えると、あまり魅力を感じませんが、ファンデーションなのにシリコンや合成ポリマーが入っていないのでクレンジングしなくても落としやすいというのは、気分的にラクです。それでもメイクはしっかり落としたいですが。

肌の皮が気になる場合で気に入ったピーリングが見つからないという人はこちらの記事もどうぞ。

男性にもおすすめのピーリングは安くて実力派の定番を
メイク落とし、洗顔でも落ちにくい3大不要物「角質」「角栓」「皮脂汚れ」。 通常のピーリングは肌に負担がかかるため、数日に1回とか1週間...

まとめ

ファンデーションを付けると、みるみる内に疲れた肌になってしまう管理人の肌。今までにも「付けたては良い感じ」というファンデはありましたが、長時間耐えられるものは珍しいです。

おそらく管理人の肌に合っているのだと思います。成分的にもっと安心安全なモノもあるのに、24h cosme プレミアム カバー&エアリィファンデーションが今のところしっくりきます。

今後も老け顔にならないよう、ふだんから角質をやさしく除去し、十分に保湿。またお肌のターンオーバー促進のために適度な運動と栄養バランスのとれた食事、そして規則正しい睡眠、適度に太陽光を浴びるなどを心がけ、体の中からのサポートも欠かさない様にしたいです。

最後にもう一度画像で比較しておきます。

左からすっぴん→通常メイク→プレミアム カバー エアリィファンデーション の順です。

ちなみに、通常メイクも、24hコスメのファンデも、洗顔後保湿した状態に直接ファンデーションをしてプレストパウダーを薄くつけた状態です。丁寧に付ければもっとキレイになると思います。同じ肌の同じ部分であることは、肌のプツプツの位置でお分かりかと思います。

せっかく負担の無い成分なので、土台もしっかり整えてから使いたいところ。肌に合った保湿を十分すれば相乗効果でさらに化粧ノリが良くなりそうです。

という事で、現在のところ、管理人の場合はつけても長時間疲れないので、これからもファンデーションはプレミアム カバー&エアリィファンデーションをリピートしたいと思います。

※使用感には個人差が有ります。





スポンサーリンク
スポンサーリンク